3.4.3. OpenShift Serverless Operator の削除

Knative Serving と Knative Eventing を削除した後、OpenShift Serverless Operator を削除することができます。これは、OpenShift Dedicated の Web コンソールまたは oc CLI を使用して実行できます。

3.4.3.1. Web コンソールの使用によるクラスターからの Operator の削除

クラスター管理者は Web コンソールを使用して、選択した namespace からインストールされた Operator を削除できます。

前提条件

  • アカウントを使用して OpenShift Dedicated クラスターの Web コンソールにアクセスできる。

手順

  1. OperatorsInstalled Operators ページに移動します。
  2. スクロールするか、またはキーワードを Filter by name フィールドに入力して、削除する Operator を見つけます。次に、それをクリックします。
  3. Operator Details ページの右側で、Actions 一覧から Uninstall Operator を選択します。

    Uninstall Operator? ダイアログボックスが表示されます。

  4. Uninstall を選択し、Operator、Operator デプロイメント、および Pod を削除します。このアクションの後には、Operator は実行を停止し、更新を受信しなくなります。

    注記

    このアクションは、カスタムリソース定義 (CRD) およびカスタムリソース (CR) など、Operator が管理するリソースは削除されません。Web コンソールおよび継続して実行されるクラスター外のリソースによって有効にされるダッシュボードおよびナビゲーションアイテムには、手動でのクリーンアップが必要になる場合があります。Operator のアンインストール後にこれらを削除するには、Operator CRD を手動で削除する必要があります。