1.6.3. 既知の問題

  • 連邦情報処理標準 (FIPS) モードは、Kafka ブローカー、Kafka ソース、および Kafka シンクに対して無効になっています。
  • OpenShift Serverless 1.23 では、KafkaBindings および kafka -binding Webhook のサポートが削除されました。ただし、既存の kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev MutatingWebhookConfiguration が残り、もはや存在しない kafka-source-webhook サービスを指している可能性があります。

    クラスター上の KafkaBindings の特定の仕様については、kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev MutatingWebhookConfiguration を設定して、Webhook を介して Deployment、Knative Services、または Jobs などのさまざまなリソースに作成および更新イベントを渡すことができます。その後失敗します。

    この問題を回避するには、OpenShift Serverless 1.23 にアップグレードした後、クラスターから kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev MutatingWebhookConfiguration を手動で削除します。

    $ oc delete mutatingwebhookconfiguration kafkabindings.webhook.kafka.sources.knative.dev
  • Ingress に net-istio を使用し、security.dataPlane.mtls: true を使用して SMCP 経由で mTLS を有効にする場合、Service Mesh は *.local ホストの DestinationRules をデプロイしますが、これは OpenShift Serverless の DomainMapping を許可しません。

    この問題を回避するには、security.dataPlane.mtls: true を使用する代わりに PeerAuthentication をデプロイして mTLS を有効にします。