2.3. イベントソース

Knative イベントソース には、クラウドイベントの生成またはインポート、これらのイベントの別のエンドポイントへのリレー (sink とも呼ばれる) を行う Kubernetes オブジェクトを指定できます。イベントに対応する分散システムを開発するには、イベントのソースが重要になります。

OpenShift Dedicated の Web コンソールの Developer パースペクティブ、Knative (kn) CLI、または YAML ファイルの適用により、Knative イベントソースを作成管理することができます。

現時点で、OpenShift Serverless は以下のイベントソースタイプをサポートします。

API サーバーソース
Kubernetes API サーバーイベントを Knative に送ります。API サーバーソースは、Kubernetes リソースが作成、更新、または削除されるたびに新規イベントを送信します。
Ping ソース
指定された cron スケジュールに、固定ペイロードを使用してイベントを生成します。
Kafka イベントソース
Kafka クラスターをイベントソースとしてシンクに接続します。

カスタムイベントソース を作成することもできます。