5.14.6. Knative CLI を使用したトリガーの更新

Knative (kn) CLI を使用してトリガーを更新すると、合理的で直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。特定のフラグを指定して kn trigger update コマンドを使用して、トリガーの属性を更新できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  • トリガーを更新します。

    $ kn trigger update <trigger_name> --filter <key=value> --sink <sink_name> [flags]
    • トリガーを、受信イベントに一致するイベント属性をフィルターするように更新できます。たとえば、type 属性を使用します。

      $ kn trigger update <trigger_name> --filter type=knative.dev.event
    • トリガーからフィルター属性を削除できます。たとえば、キー type を使用してフィルター属性を削除できます。

      $ kn trigger update <trigger_name> --filter type-
    • --sink パラメーターを使用して、トリガーのイベントシンクを変更できます。

      $ kn trigger update <trigger_name> --sink ksvc:my-event-sink