5.14.4. Knative CLI を使用したトリガーの記述

Knative (kn) CLI を使用してトリガーを記述すると、合理的で直感的なユーザーインターフェイスが提供されます。kn trigger describe コマンドを使用し、Knative CLI を使用してクラスター内の既存トリガーに関する情報を出力できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Eventing が OpenShift Dedicated クラスターにインストールされている。
  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • トリガーを作成している。

手順

  • コマンドを入力します。

    $ kn trigger describe <trigger_name>

    出力例

    Name:         ping
    Namespace:    default
    Labels:       eventing.knative.dev/broker=default
    Annotations:  eventing.knative.dev/creator=kube:admin, eventing.knative.dev/lastModifier=kube:admin
    Age:          2m
    Broker:       default
    Filter:
      type:       dev.knative.event
    
    Sink:
      Name:       edisplay
      Namespace:  default
      Resource:   Service (serving.knative.dev/v1)
    
    Conditions:
      OK TYPE                  AGE REASON
      ++ Ready                  2m
      ++ BrokerReady            2m
      ++ DependencyReady        2m
      ++ Subscribed             2m
      ++ SubscriberResolved     2m