4.3.4. kn domain コマンド

以下のコマンドを使用して、ドメインマッピングを作成および管理できます。

4.3.4.1. Knative CLI を使用したカスタムドメインマッピングの作成

所有するカスタムドメイン名を Knative サービスにマッピングすることで、Knative サービスのドメインをカスタマイズできます。Knative (kn) CLI を使用して、Knative サービスまたは Knative ルートなどのアドレス指定可能なターゲット CR にマップする DomainMapping カスタムリソース (CR) を作成できます。

前提条件

  • OpenShift Serverless Operator および Knative Serving がクラスターにインストールされている。
  • Knative サービスまたはルートを作成し、その CR にマップするカスタムドメインを制御している。

    注記

    カスタムドメインは OpenShift Dedicated クラスターの DNS を参照する必要があります。

  • Knative (kn) CLI をインストールしている。
  • OpenShift Dedicated でアプリケーションおよび他のワークロードを作成するために、プロジェクトを作成しているか、適切なロールおよびパーミッションが割り当てられたプロジェクトにアクセスできる。

手順

  • ドメインを現在の namespace の CR にマップします。

    $ kn domain create <domain_mapping_name> --ref <target_name>

    コマンドの例

    $ kn domain create example-domain-map --ref example-service

    --ref フラグは、ドメインマッピング用のアドレス指定可能なターゲット CR を指定します。

    --ref フラグの使用時に接頭辞が指定されていない場合、ターゲットが現在の namespace の Knative サービスであることを前提としています。

  • ドメインを指定された namespace の Knative サービスにマップします。

    $ kn domain create <domain_mapping_name> --ref <ksvc:service_name:service_namespace>

    コマンドの例

    $ kn domain create example-domain-map --ref ksvc:example-service:example-namespace

  • ドメインを Knative ルートにマップします。

    $ kn domain create <domain_mapping_name> --ref <kroute:route_name>

    コマンドの例

    $ kn domain create example-domain-map --ref kroute:example-route