3.3. Knative Eventing のインストール

クラスターでイベント駆動型アーキテクチャーを使用するには、Knative Eventing をインストールします。イベントソース、ブローカー、チャネルなどの Knative コンポーネントを作成し、それらを使用してアプリケーションや外部システムにイベントを送信することができます。

OpenShift Serverless Operator をインストールした後、デフォルトの設定で Knative Eventing をインストールするか、KnativeEventing カスタムリソース (CR) でより高度な設定を行うことが可能です。KnativeEventing CR の設定オプションの詳細については、グローバル設定 を参照してください。

重要

OpenShift Serverless で Red Hat 分散トレースを使用する 場合は、Knative Eventing をインストールする前に、Red Hat 分散トレースをインストールして設定する必要があります。

3.3.1. Web コンソールを使用した Knative Eventing のインストール

OpenShift Serverless Operator をインストールした後、OpenShift Dedicated の Web コンソールを使用して Knative Eventing をインストールします。デフォルトの設定で Knative Eventing をインストールするか、KnativeEventing カスタムリソース (CR) でより詳細な設定を行うことが可能です。

前提条件

  • クラスター管理者または Dedicated 管理者アクセス権限が割り当てられた OpenShift Dedicated アカウントにアクセスできる。
  • OpenShift Dedicated Web コンソールにログインしている。
  • OpenShift Serverless Operator がインストールされている。

手順

  1. OpenShift Dedicated Web コンソールの Administrator パースペクティブで、OperatorsInstalled Operators に移動します。
  2. ページ上部の Project ドロップダウンメニューが Project: knative-eventing に設定されていることを確認します。
  3. OpenShift Serverless Operator の Provided API 一覧で Knative Eventing をクリックし、Knative Eventing タブに移動します。
  4. Create Knative Eventing をクリックします。
  5. Create Knative Eventing ページでは、提供されるデフォルトのフォームを使用するか、または YAML を編集して KnativeEventing オブジェクトを設定できます。

    • KnativeEventing オブジェクト作成を完全に制御する必要がない単純な設定には、このフォームの使用が推奨されます。

      オプション。フォームを使用して KnativeEventing オブジェクトを設定する場合は、Knative Eventing デプロイメントに対して実装する必要のある変更を加えます。

  6. Create をクリックします。

    • KnativeEventing オブジェクトの作成を完全に制御する必要のあるより複雑な設定には、YAML の編集が推奨されます。YAML にアクセスするには、Create Knative Eventing ページの右上にある edit YAML リンクをクリックします。

      オプション。YAML を編集して KnativeEventing オブジェクトを設定する場合は、Knative Eventing デプロイメントについて実装する必要のある変更を YAML に加えます。

  7. Create をクリックします。
  8. Knative Eventing のインストール後に、KnativeEventing オブジェクトが作成され、Knative Eventing タブに自動的にダイレクトされます。リソースの一覧に knative-eventing リソースが表示されます。

検証

  1. Knative Eventing タブで knative-eventing カスタムリソースをクリックします。
  2. Knative Eventing Overview ページに自動的にダイレクトされます。

    Knative Eventing Overview page
  3. スクロールダウンして、Conditions の一覧を確認します。
  4. ステータスが True の条件の一覧が表示されます (例のイメージを参照)。

    Conditions
    注記

    Knative Eventing リソースが作成されるまでに数秒の時間がかかる場合があります。Resources タブでステータスを確認できます。

  5. 条件のステータスが Unknown または False である場合は、しばらく待ってから、リソースが作成されたことを再度確認します。