第3章 インストール

3.1. OpenShift Serverless Operator のインストール

OpenShift Serverless Operator をインストールすると、OpenShift Dedicated クラスターに Knative Serving、Knative Eventing、Knative Kafka をインストールして使用することができます。OpenShift Serverless Operator は、クラスターの Knative カスタムリソース定義 (CRD) を管理し、各コンポーネントの個別の設定マップを直接修正することなくそれらを設定できるようにします。

3.1.1. クラスターサイズ要件の定義

OpenShift Serverless をインストールして使用するには、OpenShift Dedicated クラスターのサイズを適切に設定する必要があります。

注記

以下の要件は、OpenShift Dedicated クラスターのワーカーマシンのプールだけを対象とします。コントロールプレーンは一般的なスケジューリングには使用されず、要件から省略されます。

OpenShift Serverless を使用する最小要件は、10 CPU および 40GB メモリーを持つクラスターです。デフォルトで、各 Pod は CPU ~400m を要求し、推奨値のベースはこの値になります。

OpenShift Serverless を実行するために必要な総サイズは、インストールされているコンポーネントとデプロイされているアプリケーションに依存し、デプロイメントによって異なる場合があります。

3.1.2. Web コンソールからの OpenShift Serverless Operator のインストール

OpenShift Dedicated Web コンソールを使用して、OperatorHub から OpenShift Serverless Operator をインストールできます。この Operator をインストールすることで、Knative コンポーネントをインストールして使用することができます。

前提条件

  • クラスターまたは Dedicated 管理者アクセス権限が割り当てられた OpenShift Dedicated アカウントにアクセスできる。
  • OpenShift Dedicated Web コンソールにログインしている。

手順

  1. OpenShift Dedicated Web コンソールで、OperatorsOperatorHub ページに移動します。
  2. スクロールするか、またはこれらのキーワード ServerlessFilter by keyword ボックス に入力して OpenShift Serverless Operator を検索します。
  3. Operator についての情報を確認してから、Install をクリックします。
  4. Install Operator ページで以下を行います。

    1. Installation ModeAll namespaces on the cluster (default) になります。このモードは、デフォルトの openshift-serverless namespace で Operator をインストールし、クラスターのすべての namespace を監視し、Operator をこれらの namespace に対して利用可能にします。
    2. Installed Namespaceopenshift-serverless です。
    3. Update Channel として stable チャネルを選択します。stable チャネルは、OpenShift Serverless Operator の最新の安定したリリースのインストールを可能にします。
    4. Automatic または Manual 承認ストラテジーを選択します。
  5. Install をクリックし、Operator をこの OpenShift Dedicated クラスターの選択した namespace で利用可能にします。
  6. CatalogOperator Management ページから、OpenShift Serverless Operator サブスクリプションのインストールおよびアップグレードの進捗をモニターできます。

    1. 手動 の承認ストラテジーを選択している場合、サブスクリプションのアップグレードステータスは、その Install Plan を確認し、承認するまで Upgrading のままになります。Install Plan ページでの承認後に、サブスクリプションのアップグレードステータスは Up to date に移行します。
    2. 自動 の承認ストラテジーを選択している場合、アップグレードステータスは、介入なしに Up to date に解決するはずです。

検証

サブスクリプションのアップグレードステータスが Up to date に移行したら、CatalogInstalled Operators を選択して OpenShift Serverless Operator が表示され、その Status が最終的に関連する namespace で InstallSucceeded に解決することを確認します。

上記通りにならない場合:

  1. CatalogOperator Management ページに切り替え、Operator Subscriptions および Install Plans タブで Status の下の失敗またはエラーの有無を確認します。
  2. さらにトラブルシューティングの必要な問題を報告している Pod のログについては、WorkloadsPods ページの openshift-serverless プロジェクトの Pod のログで確認できます。
重要

OpenShift Serverless で Red Hat 分散トレースを使用する 場合は、KnativeServing または KnativeEventing をインストールする前に、Red Hat 分散トレースをインストールして設定する必要があります。

3.1.3. CLI からの OpenShift Serverless Operator のインストール

CLI を使用して、OperatorHub から OpenShift Serverless Operator をインストールできます。この Operator をインストールすることで、Knative コンポーネントをインストールして使用することができます。

前提条件

  • クラスターまたは Dedicated 管理者アクセス権限が割り当てられた OpenShift Dedicated アカウントにアクセスできる。
  • OpenShift Dedicated クラスターにログインしている。

手順

  1. NamespaceOperatorGroup、および Subscription オブジェクトを含む YAML ファイルを作成して、namespace を OpenShift Serverless Operator にサブスクライブします。たとえば、次の内容でファイル serverless-subscription.yaml を作成します。

    Subscription の例

    ---
    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-serverless
    ---
    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: serverless-operators
      namespace: openshift-serverless
    spec: {}
    ---
    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: serverless-operator
      namespace: openshift-serverless
    spec:
      channel: stable 1
      name: serverless-operator 2
      source: redhat-operators 3
      sourceNamespace: openshift-marketplace 4

    1
    Operator のチャンネル名。stable チャネルを使用すると、OpenShift Serverless Operator の最新の安定したバージョンをインストールできます。
    2
    サブスクライブする Operator の名前。OpenShift Serverless Operator の場合、これは常に serverless-operator です。
    3
    Operator を提供する CatalogSource の名前。デフォルトの OperatorHub カタログソースには redhat-operators を使用します。
    4
    CatalogSource の namespace。デフォルトの OperatorHub カタログソースには openshift-marketplace を使用します。
  2. Subscription オブジェクトを作成します。

    $ oc apply -f serverless-subscription.yaml

検証

クラスターサービスバージョン (CSV) が Succeeded フェーズに達したことを確認します。

コマンドの例

$ oc get csv

出力例

NAME                          DISPLAY                        VERSION   REPLACES                      PHASE
serverless-operator.v1.25.0   Red Hat OpenShift Serverless   1.25.0    serverless-operator.v1.24.0   Succeeded

重要

OpenShift Serverless で Red Hat 分散トレースを使用する 場合は、KnativeServing または KnativeEventing をインストールする前に、Red Hat 分散トレースをインストールして設定する必要があります。

3.1.4. 関連情報

3.1.5. 次のステップ