第1章 Red Hat OpenShift Cluster Manager

Red Hat OpenShift Cluster Manager は、Red Hat OpenShift クラスターのインストール、修正、操作、およびアップグレードを可能にする管理サービスです。このサービスを使用すると、単一のダッシュボードから組織のすべてのクラスターを操作できます。

OpenShift Cluster Manager は、OpenShift Container Platform、Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA)、および OpenShift Dedicated クラスターのインストールをガイドします。また、自己インストール後の OpenShift Container Platform クラスターと、ROSA および OpenShift Dedicated クラスターの両方を管理するロールも果たします。

OpenShift Cluster Manager を使用して、以下のアクションを実行できます。

  • 新規クラスターの作成
  • クラスターの詳細とメトリックの表示
  • スケーリング、ノードラベルの変更、ネットワーキング、認証などのタスクでクラスターの管理
  • アクセス制御の管理
  • クラスターの監視
  • アップグレードのスケジュール

1.1. Red Hat OpenShift Cluster Manager へのアクセス

設定した OpenShift アカウントを使用して OpenShift Cluster Manager にアクセスできます。

前提条件

  • OpenShift 組織の一部であるアカウントがある。
  • クラスターを作成している場合、組織はクォータを指定している。

手順