2.2. お客様の要件

Google Cloud Platform (GCP) で Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを使用する OpenShift Dedicated クラスターは、デプロイする前に複数の前提条件を満たす必要があります。

2.2.1. アカウント

  • お客様は、お客様が指定する GCP アカウント内でプロビジョニングされる OpenShift Dedicated をサポートするには、Google Cloud の制限 が十分に保証されます。
  • 顧客が提供する GCP アカウントは、該当するサービスアカウントが適用されたお客様の Google Cloud 組織にある必要があります。
  • お客様が指定する GCP アカウントは、Red Hat に譲渡することはできません。
  • お客様は、Red Hat のアクティビティーに対して GCP の使用制限を課すことができない場合があります。制限を課すと、Red Hat がインシデントに対応する能力が大幅に妨げられます。
  • Red Hat は、モニタリングを GCP にデプロイして、root アカウントなどの特権の高いアカウントが顧客提供の GCP アカウントにログインしたときに Red Hat に警告します。
  • お客様は、同じ顧客が提供する GCP アカウント内にネイティブ GCP サービスをデプロイすることができます。

    注記

    OpenShift Dedicated やその他の Red Hat がサポートするサービスをホストする VPC とは別の Virtual Private Cloud (VPC) でリソースをデプロイすることが推奨されますが、これは義務ではありません。