第1章 AWS での Customer Cloud Subscription

OpenShift Dedicated は、Red Hat がクラスターをお客様の既存の Amazon Web Service (AWS) アカウントにデプロイおよび管理できるようにする Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを提供します。

1.1. AWS での Customer Cloud Subscription について

Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを使用して OpenShift Dedicated を既存の Amazon Web Services (AWS) アカウントにデプロイする場合、Red Hat では複数の前提条件を満たす必要があります。

Red Hat では、複数の AWS アカウントを管理するために AWS Organization を使用することを推奨します。お客様が管理する AWS Organization は、複数の AWS アカウントをホストします。組織には、すべてのアカウントがアカウント階層で参照する組織には root アカウントがあります。

OpenShift Dedicated クラスターは、AWS Organizational Unit 内の AWS アカウントでホストされる CCS モデルを使用することが推奨されます。Service Control Policy (SCP) が作成され、AWS サブアカウントのアクセスが許可されるサービスを管理する AWS Organizational Unit に適用されます。SCP は、Organizational Unit 内のすべての AWS サブアカウントの単一の AWS アカウント内で利用可能なパーミッションにのみ適用されます。SCP を単一の AWS アカウントに適用することもできます。お客様の AWS Organization 内の他のすべてのアカウントは、お客様が必要とされる方法に応じて管理されます。Red Hat のサイト信頼性エンジニアリング (SRE) には、AWS Organization 内の SCP に対する制御がありません。