Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第1章 クラウドのデプロイメントオプションについて

独自に所有するか、または Red Hat が所有するクラウドアカウントを使用して、OpenShift Dedicated を Amazon Web Services (AWS) または Google Cloud Platform (GCP) にインストールできます。本書では、OpenShift Dedicated クラスターのクラウドデプロイメントオプションについて説明します。

1.1. OpenShift Dedicated クラウドデプロイメントオプションの概要

OpenShift Dedicated は、OpenShift Container Platform クラスターを Amazon Web Services (AWS) または Google Cloud Platform (GCP) で管理サービスとして提供します。

Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを使用して、所有している既存の AWS または GCP クラウドアカウントにクラスターをデプロイすることができます。

あるいは、Red Hat が所有するクラウドアカウントに OpenShift Dedicated をインストールできます。

1.1.1. Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを使用したクラスターのデプロイメント

Customer Cloud Subscription (CCS) モデルにより、お客様が所有する既存の AWS または GCP アカウントに Red Hat が管理する OpenShift Dedicated クラスターをデプロイできます。このサービスを提供するために、Red Hat では複数の前提条件が満たされていることを要求しています。このサービスは Red Hat サイト信頼性エンジニアリング (SRE) によってサポートされます。

CCS モデルでは、お客様はクラウドインフラストラクチャープロバイダーにクラウドコストを直接支払うことになり、クラウドインフラストラクチャーアカウントはお客様が所有する組織の一部であり、Red Hat に特定のアクセスが付与されます。このモデルでは、お客様は Red Hat に CCS サブスクリプションを支払い、クラウドプロバイダーにクラウド費用を支払うことになります。

CCS モデルを使用すると、Red Hat が提供するサービスに加えて、クラウドプロバイダーが提供するサービスを使用できます。

1.1.2. Red Hat クラウドアカウントへのクラスターのデプロイ

CCS モデルの代わりに、Red Hat が所有する AWS または GCP クラウドアカウントに OpenShift Dedicated クラスターをデプロイすることができます。このモデルでは、Red Hat がクラウドアカウントを担当し、クラウドインフラストラクチャーのコストは Red Hat によって直接支払われます。お客様は、Red Hat サブスクリプションの費用のみを支払うことになります。