Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3.8. モニタリングコンポーネントのログレベルの設定

Prometheus Operator、Prometheus、および Thanos Ruler のログレベルを設定できます。

以下のログレベルは、user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトのそれらのコンポーネントのそれぞれに適用できます。

  • debug: デバッグ、情報、警告、およびエラーメッセージをログに記録します。
  • info:情報、警告およびエラーメッセージをログに記録します。
  • warn:警告およびエラーメッセージのみをログに記録します。
  • error:エラーメッセージのみをログに記録します。

デフォルトのログレベルは info です。

前提条件

  • dedicated-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを作成している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. ConfigMap オブジェクトを編集します。

    1. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring edit configmap user-workload-monitoring-config
    2. コンポーネントの logLevel: <log_level>data.config.yaml の下に追加します。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: user-workload-monitoring-config
        namespace: openshift-user-workload-monitoring
      data:
        config.yaml: |
          <component>: 1
            logLevel: <log_level> 2
      1
      ログレベルを適用するモニタリングコンポーネント。
      2
      コンポーネントに適用するログレベル。
  2. 変更を適用するためにファイルを保存します。ログレベルの変更を適用する際に、コンポーネントの Pod は自動的に再起動します。

    警告

    変更がモニタリング設定マップに保存されると、関連するプロジェクトの Pod およびその他のリソースが再デプロイされる可能性があります。該当するプロジェクトの実行中のモニタリングプロセスも再起動する可能性があります。

  3. 関連するプロジェクトでデプロイメントまたは Pod 設定を確認し、ログレベルが適用されていることを確認します。以下の例では、openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの prometheus-operator デプロイメントでログレベルを確認します。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get deploy prometheus-operator -o yaml |  grep "log-level"

    出力例

            - --log-level=debug

  4. コンポーネントの Pod が実行中であることを確認します。以下の例は、openshift-user-workload-monitoring プロジェクトの Pod のステータスを一覧表示します。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring get pods
    注記

    認識されない loglevel 値が ConfigMap オブジェクトに含まれる場合は、コンポーネントの Pod が正常に再起動しない可能性があります。