Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2.2. コンピュートノードの手動によるスケーリング

マシンプールの自動スケーリングを有効にしていない場合は、デプロイメントのニーズに合わせてプール内のコンピュート (ワーカーとも呼ばれる) ノードの数を手動でスケーリングできます。

各マシンプールを個別にスケーリングする必要があります。

前提条件

  • OpenShift Dedicated クラスターを作成している。
  • 既存のマシンプールがある。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console に移動し、クラスターを選択します。
  2. Machine pools タブで、スケーリングするマシンプールのオプションメニュー kebab をクリックします。
  3. Scale を選択します。
  4. ノード数を指定します。

    • 単一のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、ドロップダウンメニューでNode count を指定します。
    • 複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、ドロップダウンメニューでNode count per zone を指定します。

      注記

      サブスクリプションにより、選択可能なノードの数が決まります。

  5. Apply をクリックして、マシンプールをスケーリングします。

検証

  • Machine pools タブで、マシンプールのNode count が期待どおりであることを確認します。