Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2.4. マシンプールへのテイントの追加

マシンプールにコンピュート (ワーカーとも呼ばれる) ノードにテイントを追加して、そのノードにスケジュールされる Pod を制御できます。テイントをマシンプールに適用すると、Pod 仕様にテイントの容認が含まれない限り、スケジューラーは Pod をプールに配置できません。

前提条件

  • OpenShift Dedicated クラスターを作成している。
  • 既存のマシンプールがある。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console に移動し、クラスターを選択します。
  2. Machine pools タブで、テイントを追加するマシンプールのオプションメニュー kebab をクリックします。
  3. Edit taints を選択します。
  4. テイントのKeyValue のエントリーを追加します。
  5. ドロップダウンメニューからテイントの Effect を選択します。使用できるオプションには、NoSchedulePreferNoSchedule、および NoExecute が含まれます。
  6. マシンプールにテイントを追加する場合は、Add taint を選択します。
  7. Save をクリックして、テイントをマシンプールに適用します。

検証

  1. Machine pools タブで、マシンプールの横にある > を選択して、ビューを展開します。
  2. 展開されたビューの Taints の下にテイントがリストされていることを確認します。