Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. コンピュートノードの管理

このドキュメントでは、OpenShift Dedicated を使用してコンピュート (ワーカーとも呼ばれます) ノードを管理する方法について説明します。

コンピュートノードの変更の大半は、マシンプールで設定されます。マシンプール は、管理を容易にするために、同じ設定を持つクラスター内のコンピュートノードのグループです。

スケーリング、ノードラベルの追加、テイントの追加などのマシンプール設定オプションを編集できます。

3.2.1. マシンセットの作成

OpenShift Dedicated クラスターをインストールすると、デフォルトのマシンプールが作成されます。インストール後、OpenShift Cluster Manager を使用して、クラスターの追加のマシンプールを作成できます。

重要

使用可能なコンピュート (ワーカーとも呼ばれる) ノードインスタンスタイプ、自動スケーリングオプション、およびノード数は、OpenShift Dedicated サブスクリプション、リソースクォータ、およびデプロイメントシナリオによって異なります。詳細については、営業担当者または Red Hat サポートにお問い合わせください。

前提条件

  • OpenShift Dedicated クラスターを作成している。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console に移動し、クラスターを選択します。
  2. Machine pools タブで、Add machine pool をクリックします。
  3. マシンプール名 を追加します。
  4. ドロップダウンメニューから Worker node instance type を選択します。インスタンスタイプは、マシンプール内の各コンピュートノードの仮想 CPU およびメモリー割り当てを定義します。

    注記

    プールを作成した後に、マシンプールのインスタンスタイプを変更することはできません。

  5. オプション: マシンプールの自動スケーリングを設定します。

    1. Enable autoscaling を選択し、デプロイメントのニーズを満たすためにマシンプール内のマシン数を自動的にスケーリングします。

      注記

      Enable autoscaling オプションは、capability.cluster.autoscale_clusters サブスクリプションがある場合にのみ OpenShift Dedicated で使用できます。詳細については、営業担当者または Red Hat サポートにお問い合わせください。

    2. 自動スケーリングの最小および最大のノード数制限を設定します。Cluster Autoscaler は、指定する制限を超えてマシンプールノード数を減らしたり、増やしたりできません。

      • 単一アベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、最小および最大のノード数 を設定します。これは、アベイラビリティーゾーンのコンピュートノードの最小および最大の制限を定義します。
      • 複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、Minimum nodes per zone および Maximum nodes per zone を設定します。これは、ゾーンごとの最小および最大のコンピュート制限を定義します。

        注記

        または、マシンプールの作成後にマシンプールの自動スケーリングを設定できます。

  6. 自動スケーリングを有効にしていない場合は、コンピュートノードの数を選択します。

    • 単一アベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、ドロップダウンメニューから ワーカーノード数 を選択します。これは、ゾーンのマシンプールにプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義します。
    • 複数のアベイラビリティーゾーンを使用してクラスターをデプロイした場合は、ドロップダウンメニューから ワーカーノードの数 (ゾーンごと) を選択します。これは、ゾーンごとにマシンプールにプロビジョニングするコンピュートノードの数を定義します。
  7. オプション: マシンプールのノードラベルおよびテイントを追加します。

    1. Edit node labels and taints メニューを展開します。
    2. Node labels で、ノードラベルの Key および Value のエントリーを追加します。
    3. Taints で、テイントの Key および Value エントリーを追加します。
    4. テイントごとに、ドロップダウンメニューから Effect を選択します。使用できるオプションには、NoSchedulePreferNoSchedule、および NoExecute が含まれます。

      注記

      または、マシンプールの作成後にノードラベルおよびテイントを追加できます。

  8. オプション: Customer Cloud Subscription (CCS) モデルを使用して AWS に OpenShift Dedicated をデプロイした際に、保証されていない AWS スポットインスタンスとしてマシンをデプロイするようにマシンプールを設定する場合は、Amazon EC2 スポットインスタンスを使用します。

    1. Use Amazon EC2 Spot Instances を選択します。
    2. オンデマンドのインスタンス価格を使用するには、Use On-Demand instance price を選択したままにします。または、Set maximum price を選択して、Spot インスタンスの 1 時間ごとの最大価格を定義します。

      Amazon EC2 Spot インスタンスの詳細は、AWS のドキュメント を参照してください。

      重要

      Amazon EC2 Spot インスタンスはいつでも中断する可能性があります。Amazon EC2 Spot インスタンスは、中断に対応できるワークロードにのみ使用します。

      注記

      マシンプールに Use Amazon EC2 Spot Instances を選択すると、マシンプールの作成後にオプションを無効にすることはできません。

  9. Add machine pool をクリックしてマシンプールを作成します。

検証

  • マシンプールが Machine pools ページに表示され、設定が想定どおりに表示されていることを確認します。