Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.5. メトリクスの管理

メトリクスを使用すると、クラスターコンポーネントおよび独自のワークロードのパフォーマンスをモニターできます。

5.5.1. メトリクスについて

OpenShift Dedicated では、クラスターコンポーネントはサービスエンドポイントで公開されるメトリクスを収集することによりモニターされます。ユーザー定義プロジェクトのメトリクスのコレクションを設定することもできます。メトリクスを使用すると、クラスターコンポーネントおよび独自のワークロードの実行方法をモニターできます。

Prometheus クライアントライブラリーをアプリケーションレベルで使用することで、独自のワークロードに指定するメトリクスを定義できます。

OpenShift Dedicated では、メトリクスは /metrics の正規名の下に HTTP サービスエンドポイント経由で公開されます。curl クエリーを http://<endpoint>/metrics に対して実行して、サービスの利用可能なすべてのメトリクスを一覧表示できます。たとえば、prometheus-example-app サンプルアプリケーションへのルートを公開し、以下のコマンドを実行して利用可能なすべてのメトリクスを表示できます。

$ curl http://<example_app_endpoint>/metrics

出力例

# HELP http_requests_total Count of all HTTP requests
# TYPE http_requests_total counter
http_requests_total{code="200",method="get"} 4
http_requests_total{code="404",method="get"} 2
# HELP version Version information about this binary
# TYPE version gauge
version{version="v0.1.0"} 1

関連情報