5.4. ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングの有効化

OpenShift Dedicated では、クラスター管理者はユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングを有効にできます。

重要

ユーザー定義プロジェクトのアラートルールの管理は、OpenShift Dedicated バージョン 4.11 以降でのみ利用できます。

このプロセスは、以下の 2 つの一般的な手順で設定されています。

  • ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングを有効にして、別の Alertmanager インスタンスを使用します。
  • ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングを設定する権限を追加のユーザーに付与します。

これらの手順を完了すると、開発者およびその他のユーザーはユーザー定義のプロジェクトのカスタムアラートおよびアラートルーティングを設定できます。

5.4.1. ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングについて

クラスター管理者は、ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングを有効にできます。この機能により、alert-routing-edit ロールを持つユーザーがユーザー定義プロジェクトのアラート通知ルーティングおよびレシーバーを設定できます。これらの通知は、ユーザー定義の監視専用の Alertmanager インスタンスによってルーティングされます。

次に、ユーザーはユーザー定義プロジェクトの AlertmanagerConfig オブジェクトを作成または編集して、ユーザー定義のアラートルーティングを作成し、設定できます。

ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングをユーザーが定義すると、ユーザー定義のアラート通知が openshift-user-workload-monitoring namespace の alertmanager-user-workload Pod にルーティングされます。

注記

以下は、ユーザー定義プロジェクトのアラートルーティングの制限です。

  • ユーザー定義のアラートルールの場合、ユーザー定義のルーティングはリソースが定義される namespace に対してスコープ指定されます。たとえば、namespace ns1 のルーティング設定は、同じ namespace の PrometheusRules リソースにのみ適用されます。
  • namespace がユーザー定義のモニタリングから除外される場合、namespace の AlertmanagerConfig リソースは、Alertmanager 設定の一部ではなくなります。