5.6.4. サイレンスの管理

アラートの発生時にアラートについての通知の受信を停止するためにサイレンスを作成できます。根本的な問題を解決する際に、初回の通知後にアラートをサイレンスにすることが役に立つ場合があります。

サイレンスの作成時に、サイレンスをすぐにアクティブにするか、または後にアクティブにするかを指定する必要があります。また、サイレンスの有効期限を設定する必要もあります。

既存のサイレンスを表示し、編集し、期限切れにすることができます。

5.6.4.1. アラートをサイレンスにする

特定のアラート、または定義する仕様に一致するアラートのいずれかをサイレンスにすることができます。

前提条件

  • あなたはクラスター管理者であり、cluster-admin クラスターロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできます。
  • あなたは非管理者ユーザーであり、次のユーザーロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできます。

    • Alertmanager へのアクセスを許可する cluster-monitoring-view クラスターロール。
    • monitoring-alertmanager-edit ロール。これにより、Web コンソールの Administrator パースペクティブでアラートを作成して無効にできます。
    • monitoring-rules-edit ロール。これにより、Web コンソールの Developer パースペクティブでアラートを作成して無効にできます。

手順

特定のアラートをサイレンスにするには、以下を実行します。

  • Administrator パースペクティブで、以下を行います。

    1. OpenShift Dedicated Web コンソールの ObserveAlertingAlerts ページに移動します。
    2. サイレンスにする必要のあるアラートについて、右側の列で kebab を選択し、Silence Alert を選択します。Silence Alert フォームは、選択したアラートの事前に設定された仕様と共に表示されます。
    3. オプション: サイレンスを変更します。
    4. サイレンスを作成する前にコメントを追加する必要があります。
    5. サイレンスを作成するには、Silence を選択します。
  • Developer パースペクティブ:

    1. OpenShift Dedicated Web コンソールの Observe<project_name > → Alerts ページに移動します。
    2. アラート名の左側にある > を選択して、アラートの詳細を展開します。拡張されたビューでアラートの名前を選択し、アラートの Alert Details ページを開きます。
    3. Silence Alert を選択します。Silence Alert フォームが、選択したアラートの事前に設定された仕様と共に表示されます。
    4. オプション: サイレンスを変更します。
    5. サイレンスを作成する前にコメントを追加する必要があります。
    6. サイレンスを作成するには、Silence を選択します。

Administrator パースペクティブにアラート仕様を作成してアラートのセットをサイレンスにするには、以下を実行します。

  1. OpenShift Dedicated Web コンソールの ObserveAlertingSilences ページに移動します。
  2. Create Silence を選択します。
  3. Create Silence フォームで、アラートのスケジュール、期間、およびラベルの詳細を設定します。また、サイレンスのコメントを追加する必要もあります。
  4. 直前の手順で入力したラベルセクターに一致するアラートのサイレンスを作成するには、Silence を選択します。