Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.5.3.3. 視覚化されたメトリクスの使用

クエリーの実行後に、メトリクスが対話式プロットに表示されます。プロットの X 軸は時間を表し、Y 軸はメトリクスの値を表します。各メトリクスは、グラフ上の色付きの線で表示されます。プロットを対話的に操作し、メトリクスを参照できます。

手順

Administrator パースペクティブで、以下を行います。

  1. 最初に、有効な全クエリーの全メトリクスがプロットに表示されます。表示されるメトリクスを選択できます。

    注記

    デフォルトでは、クエリーテーブルに、すべてのメトリクスとその現在の値を一覧表示する拡張ビューが表示されます。˅ を選択すると、クエリーの拡張ビューを最小にすることができます。

    • クエリーからすべてのメトリクスを非表示にするには、クエリーの kebab をクリックし、Hide all series をクリックします。
    • 特定のメトリクスを非表示にするには、クエリーテーブルに移動し、メトリクス名の横にある色の付いた四角をクリックします。
  2. プロットをズームアップし、時間範囲を変更するには、以下のいずれかを行います。

    • プロットを水平にクリックし、ドラッグして、時間範囲を視覚的に選択します。
    • 左上隅のメニューを使用して、時間範囲を選択します。
  3. 時間の範囲をリセットするには、Reset Zoom を選択します。
  4. 特定の時点のすべてのクエリーの出力を表示するには、その時点のプロットの上にカーソルを合わせます。クエリーの出力はポップアップに表示されます。
  5. プロットを非表示にするには、Hide Graph を選択します。

Developer パースペクティブ:

  1. プロットをズームアップし、時間範囲を変更するには、以下のいずれかを行います。

    • プロットを水平にクリックし、ドラッグして、時間範囲を視覚的に選択します。
    • 左上隅のメニューを使用して、時間範囲を選択します。
  2. 時間の範囲をリセットするには、Reset Zoom を選択します。
  3. 特定の時点のすべてのクエリーの出力を表示するには、その時点のプロットの上にカーソルを合わせます。クエリーの出力はポップアップに表示されます。

関連情報