5.4.2. ユーザー定義のアラートルーティング用の個別の Alertmanager インスタンスの有効化

OpenShift Dedicated では、ユーザー定義プロジェクト専用の Alertmanager インスタンスをデプロイして、デフォルトのプラットフォームアラートとは別のユーザー定義アラートを提供できます。このような場合、必要に応じて、Alertmanager の別のインスタンスを有効にして、ユーザー定義のプロジェクトのみにアラートを送信できます。

前提条件

  • cluster-admin または dedicated-admin ロールが割り当てられたユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • openshift-monitoring namespace の cluster-monitoring-config 設定マップでユーザー定義プロジェクトのモニタリングを有効にしている。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

    $ oc -n openshift-user-workload-monitoring edit configmap user-workload-monitoring-config
  2. data/config.yaml の下にある alertmanager セクションに enabled: true および enableAlertmanagerConfig: true を追加します。

    apiVersion: v1
    kind: ConfigMap
    metadata:
      name: user-workload-monitoring-config
      namespace: openshift-user-workload-monitoring
    data:
      config.yaml: |
        alertmanager:
          enabled: true 1
          enableAlertmanagerConfig: true 2
    1
    enabled の値を true に設定して、クラスター内のユーザー定義プロジェクトの Alertmanager の専用インスタンスを有効にします。値を false に設定するか、キーを完全に省略してユーザー定義プロジェクトの Alertmanager を無効にします。この値を false に設定した場合や、キーを省略すると、ユーザー定義のアラートはデフォルトのプラットフォーム Alertmanager インスタンスにルーティングされます。
    2
    enableAlertmanagerConfig 値を true に設定して、ユーザーが AlertmanagerConfig オブジェクトで独自のアラートルーティング設定を定義できるようにします。
  3. 変更を適用するためにファイルを保存します。ユーザー定義プロジェクトの Alertmanager の専用インスタンスが自動的に起動します。

検証

  • user-workload Alertmanager インスタンスが起動していることを確認します。

    # oc -n openshift-user-workload-monitoring get alertmanager

    出力例

    NAME            VERSION   REPLICAS   AGE
    user-workload   0.24.0    2          100s