Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3.6. 永続ストレージの設定

クラスターモニタリングを永続ストレージと共に実行すると、メトリクスは永続ボリューム (PV) に保存され、Pod の再起動または再作成後も維持されます。これは、メトリクスデータをデータ損失から保護する必要がある場合に適しています。実稼働環境では、永続ストレージを設定することを強く推奨します。IO デマンドが高いため、ローカルストレージを使用することが有利になります。

重要

設定可能な推奨のストレージ技術 を参照してください。

5.3.6.1. 永続ストレージの前提条件

  • ストレージのブロックタイプを使用します。