Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.3.5. ユーザー定義プロジェクトをモニターするコンポーネントへの容認の割り当て

ユーザー定義プロジェクトをモニターするコンポーネントに許容値を割り当てて、汚染されたワーカーノードにプロジェクトを移動できるようにすることができます。コントロールプレーンまたはインフラストラクチャーノードでのスケジューリングは許可されていません。

前提条件

  • dedicated-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。
  • user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを openshift-user-workload-monitoring namespace に作成している。
  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. ConfigMap オブジェクトを編集します。

    1. openshift-user-workload-monitoring プロジェクトで user-workload-monitoring-config ConfigMap オブジェクトを編集します。

      $ oc -n openshift-user-workload-monitoring edit configmap user-workload-monitoring-config
    2. コンポーネントの tolerations を指定します。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: user-workload-monitoring-config
        namespace: openshift-user-workload-monitoring
      data:
        config.yaml: |
          <component>:
            tolerations:
              <toleration_specification>

      <component> および <toleration_specification> を随時置き換えます。

      たとえば、oc adm taint nodes node1 key1=value1:NoSchedule は、キーが key1 で、値が value1node1 にテイントを追加します。これにより、モニタリングコンポーネントが node1 に Pod をデプロイするのを防ぎます。ただし、そのテイントに対して許容値が設定されている場合を除きます。以下の例では、サンプルのテイントを容認するように thanosRuler コンポーネントを設定します。

      apiVersion: v1
      kind: ConfigMap
      metadata:
        name: user-workload-monitoring-config
        namespace: openshift-user-workload-monitoring
      data:
        config.yaml: |
          thanosRuler:
            tolerations:
            - key: "key1"
              operator: "Equal"
              value: "value1"
              effect: "NoSchedule"
  2. 変更を適用するためにファイルを保存します。新しいコンポーネントの配置設定が自動的に適用されます。

    警告

    変更がモニタリング設定マップに保存されると、関連するプロジェクトの Pod およびその他のリソースが再デプロイされる可能性があります。該当するプロジェクトの実行中のモニタリングプロセスも再起動する可能性があります。

関連情報