Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第4章 ロギング

4.1. OpenShift Dedicated クラスターのサービスログへのアクセス

Red Hat OpenShift Cluster Manager を使用して、OpenShift Dedicated クラスターのサービスログを表示できます。サービスログには、ロードバランサークォータの更新やスケジュールされたメンテナーンスアップグレードなどの詳細なクラスターイベントが記録されます。ログには、ユーザー、グループ、および ID プロバイダーの追加または削除などのクラスターリソースの変更も表示されます。

さらに、OpenShift Dedicated クラスターの通知連絡先を追加できます。サブスクライブしたユーザーは、顧客の対応が必要なクラスターイベント、既知のクラスターインシデント、アップグレードのメンテナーンス、およびその他のトピックに関する電子メールを受け取ります。

4.1.1. OpenShift Cluster Manager を使用したサービスログの表示

Red Hat OpenShift Cluster Manager を使用して、OpenShift Dedicated クラスターのサービスログを表示できます。

前提条件

  • OpenShift Dedicated クラスターをインストールしました。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console に移動し、クラスターを選択します。
  2. クラスターの Overview ページで、Cluster history セクションのサービスログを表示します。
  3. オプション: ドロップダウンメニューから、Description または Severity でクラスターサービスのログをフィルターリングします。検索バーに特定の項目を入力して、さらにフィルターリングできます。
  4. オプション: Download history をクリックして、クラスターのサービスログを JSON または CSV 形式でダウンロードします。

4.1.2. クラスター通知連絡先の追加

OpenShift Dedicated クラスターに関する通知の連絡先を追加できます。クラスター通知メールをトリガーするイベントが発生すると、サブスクライブしているユーザーに通知が送信されます。

手順

  1. OpenShift Cluster Manager Hybrid Cloud Console に移動し、クラスターを選択します。
  2. Notification contacts 見出しの Support タブで、Add notification contact をクリックします。
  3. 追加する連絡先の Red Hat ユーザー名またはメールアドレスを入力します。

    注記

    ユーザー名または電子メールアドレスは、クラスターがデプロイされている Red Hat 組織のユーザーアカウントに関連付けられている必要があります。

  4. Add contact をクリックします。

検証

  • 連絡先が正常に追加されると、確認メッセージが表示されます。ユーザーは、Support タブの Notification contacts 見出しの下に表示されます。