第5章 AWS Direct Connect の設定

このプロセスでは、OpenShift Dedicated で AWS Direct Connect 仮想インターフェースを許可する方法について説明します。AWS Direct Connect の種類および設定についての詳細は、「AWS Direct Connect コンポーネント」ドキュメントを参照してください。

5.1. AWS Direct Connect メソッド

Direct Connect 接続では、ホストされた Virtual Interface (VIF) が Direct Connect Gateway (DXGateway) に接続されている必要があります。これは次に、同じまたは別のアカウントでリモート VPC にアクセスするために Virtual Gateway (VGW) または Transit Gateway に関連付けられます。

既存の DXValidation がない場合、通常のプロセスではホストされた VIF を作成し、OSD AWS アカウントに DXValidation および VGW が作成されます。

既存の DXGateway が 1 つ以上の既存の VGW に接続されている場合、このプロセスでは、OSD AWS Account が Association Proposal (関連付けの提案) を DXGateway の所有者に送信します。DXGateway の所有者は、提案される CIDR が関連付けのあるその他の VGW と競合しないことを確認する必要があります。

詳細は、以下の AWS ドキュメントを参照してください。

重要

既存の DXValidation に接続する場合は、料金がかかります。

選択可能な 2 つの設定オプションは、以下のとおりです。

方法 1

ホストされた VIF を作成してから、DXGateway および VGW を作成します。

方法 2

所有している既存の Direct Connect Gateway 経由で接続を要求します。