1.8. カナリアロールアウト更新の実行

カナリアロールアウト更新の実行: ワーカーノードへの更新のロールアウトを制御することで、更新プロセスによってアプリケーションに障害が発生した場合でも、ミッションクリティカルなアプリケーションを更新全体を通じて利用できるようにすることができます。組織のニーズによっては、ワーカーノードの小規模なサブセットを更新し、一定期間でクラスターおよびワークロードの正常性を評価し、残りのノードを更新する必要が生じる場合があります。これは カナリア 更新と呼ばれます。または、クラスター全体を一度に更新するために大きなメンテナンスウィンドウを使用できない場合は、ホストの再起動が必要になることが多いワーカーノードの更新を、定義済みの小さなメンテナンスウィンドウに収めることもできます。次の手順を実行できます。