第9章 RHEL コンピュートマシンを含むクラスターの更新

OpenShift Container Platform クラスターの更新またはアップグレードを実行できます。クラスターに Red Hat Enterprise Linux (RHEL) マシンが含まれる場合は、それらのマシンを更新するために追加の手順を実行する必要があります。

9.1. 前提条件

  • admin 権限を持つユーザーとしてクラスターにアクセスできること。RBAC の使用によるパーミッションの定義および適用 を参照してください。
  • 更新が失敗し、クラスターを直前の状態に復元する 必要がある場合に最新の etcd バックアップ があること。
  • クラスターで手動で保守される認証情報を使用する場合は、Cloud Credential Operator (CCO) がアップグレード可能な状態であることを確認します。AWSAzure、または GCP手動で保守される認証情報を使用したクラスターのアップグレードを参照してください。
  • クラスターが、AWS Secure Token Service (STS) で手動でメンテナンスされる認証情報を使用する場合は、更新するリリースイメージから ccoctl ユーティリティーのコピーを取得し、これを使用して更新された認証情報を処理します。詳細は、Upgrading an OpenShift Container Platform cluster configured for manual mode with STS を参照してください。
  • Operator を実行している場合、または Pod 中断バジェットを使用してアプリケーションを設定している場合、アップグレードプロセス中に中断が発生する可能性があります。PodDisruptionBudget で minAvailable が 1 に設定されている場合、削除 プロセスをブロックする可能性がある保留中のマシン設定を適用するためにノードがドレインされます。複数のノードが再起動された場合に、すべての Pod が 1 つのノードでのみ実行される可能性があり、PodDisruptionBudget フィールドはノードのドレインを防ぐことができます。