2.2. 一般的な用語

コントロールプレーン
コントロールプレーンマシンで設定される コントロールプレーン は、OpenShift Container Platform クラスターを管理します。コントロールプレーンマシンは、コンピュートマシン (ワーカーマシンとしても知られる) のワークロードを管理します。
クラスターバージョン Operator
Cluster Version Operator (CVO) は、クラスターの更新プロセスを開始します。現在のクラスターバージョンに基づいて OSUS を確認し、利用可能または可能な更新パスを含むグラフを取得します。
Machine Config Operator
Machine Config Operator (MCO) は、オペレーティングシステムおよびマシン設定を管理するクラスターレベルの Operator です。プラットフォーム管理者は、MCO を介して、systemd、CRI-O、Kubelet、カーネル、Network Manager、およびワーカーノード上のその他のシステム機能を設定および更新できます。
OpenShift Update Service
OpenShift Update Service (OSUS) は、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を含む OpenShift Container Platform に OTA (over-the-air) 更新を提供します。コンポーネント Operator のグラフ、または頂点とそれらを結ぶ辺を含む図表が提示されます。
チャネル
チャネル は、OpenShift Container Platform のマイナーバージョンに関連付けられた更新戦略を宣言します。OSUS は、この設定された戦略を使用して、その戦略と一致する更新エッジを推奨します。
推奨される更新エッジ
推奨される更新エッジ は、OpenShift Container Platform リリース間の推奨される更新です。特定の更新が推奨されるかどうかは、クラスターの設定済みチャネル、現在のバージョン、既知のバグ、およびその他の情報によって異なります。OSUS は、推奨されるエッジを、すべてのクラスターで実行される CVO に伝達します。
延長更新サポート (EUS)

4.7 以降の偶数番号のマイナーリリースはすべて、Extended Update Support (EUS) リリースとしてラベル付けされています。これらのリリースでは、EUS リリース間に検証済みの更新パスが導入され、お客様はワーカーのワーカーノードの更新が合理化され、ワーカーノードの再起動を減らす EUS から EUS への OpenShift Container Platform リリースの更新戦略を策定できます。

詳細は、Red Hat OpenShift 延長更新サポート (EUS) の概要 を参照してください。