第2章 OpenShift Container Platform の更新について

OpenShift Container Platform 4 では、Web コンソールまたは OpenShift CLI (oc) を使用して、OpenShift Container Platform クラスターを 1 回の操作で更新できます。プラットフォーム管理者は、クラスターの更新が利用可能になると自動的に通知されます。

OpenShift Update Service (OSUS) は、レジストリー内のリリースイメージに基づいて更新の可能性のグラフを作成します。グラフは、推奨され、テストされた特定のバージョンからの更新パスに基づいています。OpenShift Container Platform クラスターは Red Hat Hybrid Cloud サーバーに接続し、バージョン情報とともに、ユーザーが実行しているクラスターを識別します。OSUS は、既知の更新ターゲットに関する情報で応答します。クラスター管理者または自動更新コントローラーのいずれかが、Cluster Version Operator (CVO) のカスタムリソース (CR) を、更新する新しいバージョンで編集します。CVO がレジストリーから更新イメージを受信した後、CVO は変更を適用します。

注記

Operator Lifecycle Manager (OLM) を介して以前にインストールされた Operator は、異なる更新プロセスに従います。詳細は、インストールされている Operator の更新 を参照してください。

2.1. OpenShift Update Service について

OpenShift Update Service (OSUS) は、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を含む OpenShift Container Platform に更新の推奨項目を提供します。コンポーネント Operator のグラフ、または 頂点 とそれらを結ぶ を含む図表が提示されます。グラフのエッジでは、安全に更新できるバージョンが表示されます。頂点は、マネージドクラスターコンポーネントの意図された状態を指定する更新ペイロードです。

クラスター内の Cluster Version Operator (CVO) は、OpenShift Update Service をチェックして、グラフの現在のコンポーネントバージョンとグラフの情報に基づき、有効な更新および更新パスを確認します。ユーザーが更新をリクエストすると、CVO はその更新のリリースイメージを使ってクラスターを更新します。リリースアーティファクトは、コンテナーイメージとして Quay でホストされます。

OpenShift Update Service が互換性のある更新のみを提供できるようにするために、リリース検証 Pipeline で自動化を支援します。それぞれのリリースアーティファクトについて、他のコンポーネントパッケージだけでなくサポートされているクラウドプラットフォームおよびシステムアーキテクチャーとの互換性の有無が検証されます。Pipeline がリリースの適合性を確認した後に、OpenShift Update Service は更新が利用可能であることを通知します。

重要

OpenShift Update Service は、現在のクラスターに推奨される更新をすべて表示します。OpenShift Update Service が推奨する更新パスがない場合には、更新またはターゲットリリースに関連する既知の問題がある可能性があります。

連続更新モード中は、2 つのコントローラーが実行されます。1 つのコントローラーはペイロードマニフェストを絶えず更新し、そのマニフェストをクラスターに適用し、Operator が利用可能か、アップグレード中か、または失敗しているかに応じて Operator の制御されたロールアウトのステータスを出力します。2 つ目のコントローラーは OpenShift Update Service をポーリングして、更新が利用可能かどうかを判別します。

重要

サポートされているのは、新規バージョンへのアップグレードのみです。クラスターを以前のバージョンに戻すまたはロールバックすることはサポートされていません。更新が失敗した場合は、Red Hat サポートに連絡してください。

更新プロセスで、Machine Config Operator (MCO) は新規設定をクラスターマシンに適用します。MCO は、マシン設定プールの maxUnavailable フィールドによって指定されるノードの数を分離し、それらを利用不可としてマークします。デフォルトで、この値は 1 に設定されます。次に、MCO は新しい設定を適用して、マシンを再起動します。

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) マシンをワーカーとして使用する場合、まず OpenShift API をそれらのマシンで更新する必要があるため、MCO は kubelet を更新しません。

新規バージョンの仕様は古い kubelet に適用されるため、RHEL マシンを Ready 状態に戻すことができません。マシンが利用可能になるまで更新を完了することはできません。ただし、利用不可のノードの最大数は、その数のマシンがサービス停止状態のマシンとして分離されても通常のクラスター操作が継続できるようにするために設定されます。

OpenShift Update Service は Operator および 1 つ以上のアプリケーションインスタンスで設定されます。