1.3. クラスター Operator の状態タイプについて

クラスター Operator のステータスには、Operator の現在の正常性状態を通知する状態タイプが含まれています。以下の定義では、一般的な ClusterOperator の状態タイプをいくつか取り上げています。追加の状態タイプがあり、Operator 固有の言語を使用する Operator は省略されています。

Cluster Version Operator (CVO) は、クラスター管理者が OpenShift Container Platform クラスターのステータス状態をよりよく理解できるように、クラスター Operator からステータス状態を収集します。

  • Available: 条件タイプ Available は、Operator が機能しており、クラスターで使用可能であることを示します。ステータスが False の場合、オペランドの少なくとも 1 つの部分が機能していないため、管理者が介入する必要があります。
  • Progressing: 条件タイプ Progressing は、Operator がアクティブに新しいコードをロールアウトしている、設定の変更を伝達している、またはある安定状態から別の安定状態に移行していることを示します。

    Operator が以前の既知の状態を調整している場合は、状態タイプ ProgressingTrue として報告されません。監視されたクラスターの状態が変化し、Operator がそれに反応している場合は、ある安定状態から別の安定状態に移行しているため、ステータスは True として報告されます。

  • Degraded: 状態タイプ Degraded は、Operator の現在の状態が一定期間にわたって必要な状態に一致しないことを示します。期間はコンポーネントによって異なる場合がありますが、Degraded ステータスは、Operator の状態が継続的に監視されていることを表します。そのため、Operator の Degraded 状態が変動することはありません。

    ある状態から別の状態への移行期間が短すぎるために Degraded を報告できない場合は、別の状態タイプが報告される可能性があります。Operator は、通常のアップグレード中、Degraded を報告しません。Operator は、最終的に管理者の介入を必要とする永続的なインフラストラクチャー障害への対応として、機能 Degraded を報告する場合があります。

    注記

    この状態タイプは、調査と調整が必要な可能性があることを示しているにすぎません。Operator が使用可能である限り、Degraded 状態によってユーザーワークロードの障害やアプリケーションのダウンタイムが発生することはありません。

  • Upgradeable: 状態タイプが Upgradeable の Operator は、Operator が現在のクラスターの状態に基づいて安全にアップグレードできるかどうかを示します。メッセージフィールドには、クラスターを正常に更新するために管理者が行う必要があることについて、人間が判読できる説明が表示されます。CVO は、この状態が TrueUnknown、または状態がない場合に更新を許可します。

    Upgradeable ステータスが False の場合、マイナー更新のみが影響を受け、CVO は、強制されない限り、影響を受ける更新をクラスターが実行できないようにします。