10.2. OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング

切断された環境でクラスターを更新する前に、コンテナーイメージをミラーレジストリーにミラーリングする必要があります。接続された環境でこの手順を使用して、外部コンテンツに関する組織の制限を満たしている承認済みコンテナーイメージのみをクラスターで実行するようにすることもできます。

10.2.1. 前提条件

  • Red Hat Quay など、OpenShift Container Platform クラスターをホストする場所に Docker v2-2 をサポートするコンテナーイメージレジストリーを持っている。

10.2.2. ミラーホストの準備

ミラー手順を実行する前に、ホストを準備して、コンテンツを取得し、リモートの場所にプッシュできるようにする必要があります。

10.2.2.1. バイナリーのダウンロードによる OpenShift CLI のインストール

コマンドラインインターフェイスを使用して OpenShift Container Platform と対話するために CLI (oc) をインストールすることができます。oc は Linux、Windows、または macOS にインストールできます。

重要

以前のバージョンの oc をインストールしている場合、これを使用して OpenShift Container Platform 4.9 のすべてのコマンドを実行することはできません。新規バージョンの oc をダウンロードし、インストールします。切断された環境でクラスターをアップグレードする場合は、アップグレード先の oc バージョンをインストールします。

Linux への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Linux にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.9 Linux Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. アーカイブを展開します。

    $ tar xvf <file>
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに配置します。

    PATH を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>
Windows への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを Windows にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.9 Windows Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. ZIP プログラムでアーカイブを解凍します。
  5. oc バイナリーを、PATH にあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、コマンドプロンプトを開いて以下のコマンドを実行します。

    C:\> path

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

C:\> oc <command>
macOC への OpenShift CLI のインストール

以下の手順を使用して、OpenShift CLI (oc) バイナリーを macOS にインストールできます。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの OpenShift Container Platform ダウンロードページ に移動します。
  2. Version ドロップダウンメニューで適切なバージョンを選択します。
  3. OpenShift v4.9 MacOSX Client エントリーの横にある Download Now をクリックして、ファイルを保存します。
  4. アーカイブを展開し、解凍します。
  5. oc バイナリーをパスにあるディレクトリーに移動します。

    PATH を確認するには、ターミナルを開き、以下のコマンドを実行します。

    $ echo $PATH

OpenShift CLI のインストール後に、oc コマンドを使用して利用できます。

$ oc <command>

10.2.2.2. イメージのミラーリングを可能にする認証情報の設定

Red Hat からミラーへのイメージのミラーリングを可能にするコンテナーイメージレジストリーの認証情報ファイルを作成します。

警告

クラスターのインストール時に、このイメージレジストリー認証情報ファイルをプルシークレットとして使用しないでください。クラスターのインストール時にこのファイルを指定すると、クラスター内のすべてのマシンにミラーレジストリーへの書き込みアクセスが付与されます。

警告

このプロセスでは、ミラーレジストリーのコンテナーイメージレジストリーへの書き込みアクセスがあり、認証情報をレジストリープルシークレットに追加する必要があります。

前提条件

  • 切断された環境で使用するミラーレジストリーを設定しました。
  • イメージをミラーリングするミラーレジストリー上のイメージリポジトリーの場所を特定している。
  • イメージのイメージリポジトリーへのアップロードを許可するミラーレジストリーアカウントをプロビジョニングしている。

手順

インストールホストで以下の手順を実行します。

  1. registry.redhat.io プルシークレットを Red Hat OpenShift Cluster Manager からダウンロードし、.json ファイルに保存します。
  2. ミラーレジストリーの base64 でエンコードされたユーザー名およびパスワードまたはトークンを生成します。

    $ echo -n '<user_name>:<password>' | base64 -w0 1
    BGVtbYk3ZHAtqXs=
    1
    <user_name> および <password> については、レジストリーに設定したユーザー名およびパスワードを指定します。
  3. JSON 形式でプルシークレットのコピーを作成します。

    $ cat ./pull-secret.text | jq .  > <path>/<pull_secret_file_in_json>1
    1
    プルシークレットを保存するフォルダーへのパスおよび作成する JSON ファイルの名前を指定します。
  4. ファイルを ~/.docker/config.json または $XDG_RUNTIME_DIR/containers/auth.json として保存します。

    ファイルの内容は以下の例のようになります。

    {
      "auths": {
        "cloud.openshift.com": {
          "auth": "b3BlbnNo...",
          "email": "you@example.com"
        },
        "quay.io": {
          "auth": "b3BlbnNo...",
          "email": "you@example.com"
        },
        "registry.connect.redhat.com": {
          "auth": "NTE3Njg5Nj...",
          "email": "you@example.com"
        },
        "registry.redhat.io": {
          "auth": "NTE3Njg5Nj...",
          "email": "you@example.com"
        }
      }
    }
  5. 新規ファイルを編集し、レジストリーについて記述するセクションをこれに追加します。

      "auths": {
        "<mirror_registry>": { 1
          "auth": "<credentials>", 2
          "email": "you@example.com"
        }
      },
    1
    <mirror_registry> については、レジストリードメイン名と、ミラーレジストリーがコンテンツを提供するために使用するポートをオプションで指定します。例: registry.example.com または registry.example.com:8443
    2
    <credentials> については、ミラーレジストリーの base64 でエンコードされたユーザー名およびパスワードを指定します。

    ファイルは以下の例のようになります。

    {
      "auths": {
        "registry.example.com": {
          "auth": "BGVtbYk3ZHAtqXs=",
          "email": "you@example.com"
        },
        "cloud.openshift.com": {
          "auth": "b3BlbnNo...",
          "email": "you@example.com"
        },
        "quay.io": {
          "auth": "b3BlbnNo...",
          "email": "you@example.com"
        },
        "registry.connect.redhat.com": {
          "auth": "NTE3Njg5Nj...",
          "email": "you@example.com"
        },
        "registry.redhat.io": {
          "auth": "NTE3Njg5Nj...",
          "email": "you@example.com"
        }
      }
    }

10.2.3. OpenShift Container Platform イメージリポジトリーのミラーリング

重要

OpenShift Update Service アプリケーションによる過度のメモリー使用を回避するには、以下の手順で説明するように、リリースイメージを別のリポジトリーにミラーリングする必要があります。

前提条件

  • 切断された環境で使用するミラーレジストリーを設定し、設定した証明書と認証情報にアクセスできるようになりました。
  • Red Hat OpenShift Cluster Manager からプルシークレット をダウンロードし、ミラーリポジトリーへの認証を含めるようにこれを変更している。
  • 自己署名証明書を使用する場合は、証明書にサブジェクトの別名を指定しています。

手順

  1. Red Hat OpenShift Container Platform Upgrade Graph visualizer および update planner を使用して、あるバージョンから別のバージョンへの更新を計画します。OpenShift Upgrade Graph はチャネルのグラフと、現行バージョンと意図されるクラスターのバージョン間に更新パスがあることを確認する方法を提供します。
  2. 必要な環境変数を設定します。

    1. リリースバージョンをエクスポートします。

      $ export OCP_RELEASE=<release_version>

      <release_version> について、更新する OpenShift Container Platform のバージョンに対応するタグを指定します (例: 4.5.4)。

    2. ローカルレジストリー名とホストポートをエクスポートします。

      $ LOCAL_REGISTRY='<local_registry_host_name>:<local_registry_host_port>'

      <local_registry_host_name> については、ミラーレジストリーのレジストリードメイン名を指定し、<local_registry_host_port> については、コンテンツの送信に使用するポートを指定します。

    3. ローカルリポジトリー名をエクスポートします。

      $ LOCAL_REPOSITORY='<local_repository_name>'

      <local_repository_name> については、ocp4/openshift4 などのレジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します。

    4. OpenShift Update Service を使用している場合は、追加のローカルリポジトリー名をエクスポートして、リリースイメージを含めます。

      $ LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY='<local_release_images_repository_name>'

      <local_release_images_repository_name> については、ocp4/openshift4-release-images などのレジストリーに作成するリポジトリーの名前を指定します。

    5. ミラーリングするリポジトリーの名前をエクスポートします。

      $ PRODUCT_REPO='openshift-release-dev'

      実稼働環境のリリースの場合には、openshift-release-dev を指定する必要があります。

    6. パスをレジストリープルシークレットにエクスポートします。

      $ LOCAL_SECRET_JSON='<path_to_pull_secret>'

      <path_to_pull_secret> については、作成したミラーレジストリーのプルシークレットの絶対パスおよびファイル名を指定します。

      注記

      クラスターが ImageContentSourcePolicy オブジェクトを使用してリポジトリーのミラーリングを設定する場合、ミラーリングされたレジストリーにグローバルプルシークレットのみを使用できます。プロジェクトにプルシークレットを追加することはできません。

    7. リリースミラーをエクスポートします。

      $ RELEASE_NAME="ocp-release"

      実稼働環境のリリースについては、ocp-release を指定する必要があります。

    8. サーバーのアーキテクチャーのタイプをエクスポートします (例: x86_64)。

      $ ARCHITECTURE=<server_architecture>
    9. ミラーリングされたイメージをホストするためにディレクトリーへのパスをエクスポートします。

      $ REMOVABLE_MEDIA_PATH=<path> 1
      1
      最初のスラッシュ (/) 文字を含む完全パスを指定します。
  3. ミラーリングするイメージおよび設定マニフェストを確認します。

    $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --to-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} --dry-run
  4. バージョンイメージをミラーレジストリーにミラーリングします。

    • ミラーホストがインターネットにアクセスできない場合は、以下の操作を実行します。

      1. リムーバブルメディアをインターネットに接続しているシステムに接続します。
      2. イメージおよび設定マニフェストをリムーバブルメディア上のディレクトリーにミラーリングします。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --to-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}
      3. メディアを切断された環境に移動し、イメージをローカルコンテナーレジストリーにアップロードします。

        $ oc image mirror  -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --from-dir=${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror "file://openshift/release:${OCP_RELEASE}*" ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} 1
        1
        REMOVABLE_MEDIA_PATH の場合、イメージのミラーリング時に指定した同じパスを使用する必要があります。
      4. oc コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して、アップグレードしているクラスターにログインします。
      5. ミラーリングされたリリースイメージ署名設定マップを接続されたクラスターに適用します。

        $ oc apply -f ${REMOVABLE_MEDIA_PATH}/mirror/config/<image_signature_file> 1
        1
        <image_signature_file> について、ファイルのパスおよび名前を指定します (例: signature-sha256-81154f5c03294534.yaml)。
      6. OpenShift Update Service を使用している場合は、リリースイメージを別のリポジトリーにミラーリングします。

        $ oc image mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}
    • ローカルコンテナーレジストリーとクラスターがミラーホストに接続されている場合は、次の操作を行います。

      1. 次のコマンドを使用して、リリースイメージをローカルレジストリーに直接プッシュし、config map をクラスターに適用します。

        $ oc adm release mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} --from=quay.io/${PRODUCT_REPO}/${RELEASE_NAME}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} \
          --to=${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY} --apply-release-image-signature
        注記

        --apply-release-image-signature オプションが含まれる場合は、イメージ署名の検証用に設定マップを作成しません。

      2. OpenShift Update Service を使用している場合は、リリースイメージを別のリポジトリーにミラーリングします。

        $ oc image mirror -a ${LOCAL_SECRET_JSON} ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE} ${LOCAL_REGISTRY}/${LOCAL_RELEASE_IMAGES_REPOSITORY}:${OCP_RELEASE}-${ARCHITECTURE}