Menu Close

4.13.2.2. CLI を使用した VMware vSphere ボリュームの動的プロビジョニング

OpenShift Container Platform は、ボリュームをプロビジョニングするために thin ディスク形式を使用する thin という名前のデフォルトの StorageClass をインストールします。

前提条件

  • ストレージは、ボリュームとして OpenShift Container Platform にマウントされる前に基礎となるインフラストラクチャーになければなりません。

手順 (CLI)

  1. 以下の内容でファイル pvc.yaml を作成して VMware vSphere PersistentVolumeClaim を定義できます。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: pvc 1
    spec:
      accessModes:
      - ReadWriteOnce 2
      resources:
        requests:
          storage: 1Gi 3
    1
    永続ボリューム要求 (PVC) を表す一意の名前。
    2
    永続ボリューム要求 (PVC) のアクセスモード。ReadWriteOnce では、ボリュームは単一ノードによって読み取り/書き込みパーミッションでマウントできます。
    3
    永続ボリューム要求 (PVC) のサイズ。
  2. ファイルから PersistentVolumeClaim オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f pvc.yaml