Menu Close

5.7.4. AWS EFSストレージクラスの作成

ストレージクラスを使用すると、ストレージのレベルや使用状況を区別し、記述することができます。ストレージクラスを定義することにより、ユーザーは動的にプロビジョニングされた永続ボリュームを取得できます。

AWS EFS CSI ドライバー Operatorをインストールしても、ストレージクラスがデフォルトで作成されません。ただし、AWS EFS StorageClassを手動で作成することは可能です。

手順

  1. OpenShift Container Platform コンソールで、StorageStorage Classes をクリックします。
  2. StorageClassesの概要ページで、Create Storage Class をクリックします。
  3. StorageClassesの作成ページで、必要に応じて値を入力します。

    1. ストレージクラスを参照するための名前を入力します。
    2. オプションの説明を入力します。
    3. 回収ポリシーを選択します。
    4. Provisionerドロップダウンリストからefs.csi.aws.comを選択します。
    5. 必要に応じてストレージクラスの追加パラメーターを入力します。
  4. Create をクリックします。