Menu Close

3.2.6. 永続ボリュームの回収ポリシー

永続ボリュームの回収ポリシーは、クラスターに対してリリース後のボリュームの処理方法について指示します。ボリュームの回収ポリシーは、RetainRecycle または Delete のいずれかにすることができます。

  • Retain 回収ポリシーは、サポートするボリュームプラグインのリソースの手動による回収を許可します。
  • Recycle 回収ポリシーは、ボリュームがその要求からリリースされると、バインドされていない永続ボリュームのプールにボリュームをリサイクルします。
重要

Recycle 回収ポリシーは OpenShift Container Platform 4 では非推奨となっています。動的プロビジョニングは、同等またはそれ以上の機能で推奨されます。

  • Delete 回収ポリシーは、OpenShift Container Platform の PersistentVolume オブジェクトと、AWS EBS または VMware vSphere などの外部インフラストラクチャーの関連するストレージアセットの両方を削除します。
注記

動的にプロビジョニングされたボリュームは常に削除されます。