Menu Close

3.3. 永続ボリューム

各 PV には、以下の例のように、ボリュームの仕様およびステータスである spec および status が含まれます。

PersistentVolume オブジェクト定義の例

apiVersion: v1
kind: PersistentVolume
metadata:
  name: pv0001 1
spec:
  capacity:
    storage: 5Gi 2
  accessModes:
    - ReadWriteOnce 3
  persistentVolumeReclaimPolicy: Retain 4
  ...
status:
  ...

1
永続ボリュームの名前。
2
ボリュームに利用できるストレージの量。
3
読み取り書き込みおよびマウントパーミッションを定義するアクセスモード。
4
リソースのリリース後にそれらのリソースがどのように処理されるかを示す回収ポリシー。

3.3.1. PV の種類

OpenShift Container Platform は以下の永続ボリュームプラグインをサポートします。

  • AWS Elastic Block Store (EBS)
  • Azure Disk
  • Azure File
  • Cinder
  • ファイバーチャネル
  • GCE Persistent Disk
  • HostPath
  • iSCSI
  • ローカルボリューム
  • NFS
  • OpenStack Manila
  • Red Hat OpenShift Container Storage
  • VMware vSphere