Menu Close

4.8.3. 特権付き Pod での hostPath 共有のマウント

永続ボリューム要求 (PVC) の作成後に、これをアプリケーション内で使用できます。以下の例は、この共有を Pod 内にマウントする方法を示しています。

前提条件

  • 基礎となる hostPath 共有にマップされる永続ボリューム要求 (PVC) があること。

手順

  • 既存の永続ボリューム要求 (PVC) をマウントする特権付き Pod を作成します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    metadata:
      name: pod-name 1
    spec:
      containers:
        ...
        securityContext:
          privileged: true 2
        volumeMounts:
        - mountPath: /data 3
          name: hostpath-privileged
      ...
      securityContext: {}
      volumes:
        - name: hostpath-privileged
          persistentVolumeClaim:
            claimName: task-pvc-volume 4
    1
    Pod の名前。
    2
    Pod はノードのストレージにアクセスするために特権付きとして実行される必要があります。
    3
    特権付き Pod 内にホストパス共有をマウントするパス。コンテナのルート(/)や、ホストとコンテナで同じパスにはマウントしないでください。これは、コンテナに十分な特権が付与されている場合、ホストシステムを破壊する可能性があります (例:ホストの/dev/ptsファイル)。ホストをマウントするには、/host を使用するのが安全です。
    4
    以前に作成された PersistentVolumeClaim オブジェクトの名前。