Menu Close

5.3.5. ボリュームスナップショットの作成

VolumeSnapshot オブジェクトを作成すると、OpenShift Container Platform はボリュームスナップショットを作成します。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Platform クラスターにログインしている。
  • VolumeSnapshot オブジェクトをサポートする CSI ドライバーを使用して作成される PVC。
  • ストレージバックエンドをプロビジョニングするストレージクラス。
  • スナップショットの作成に使用する必要のある永続ボリューム要求 (PVC) を使用している Pod はありません。

    注記

    Pod が PVC を使用している場合は、PVC のボリュームスナップショットを作成しません。これを実行すると、PVC が一時停止 (停止) されないため、データが破損する可能性があります。まず実行中の Pod の終了処理を実行し、スナップショットの一貫性を維持します。

手順

ボリュームのスナップショットを動的に作成するには、以下を実行します。

  1. 以下の YAML によって記述される VolumeSnapshotClass オブジェクトを使ってファイルを作成します。

    volumesnapshotclass.yaml

    apiVersion: snapshot.storage.k8s.io/v1
    kind: VolumeSnapshotClass
    metadata:
      name: csi-hostpath-snap
    driver: hostpath.csi.k8s.io 1
    deletionPolicy: Delete

    1
    この VolumeSnapshotClass オブジェクトのスナップショットを作成するために使用される CSI ドライバーの名前。名前は、スナップショットが作成される PVC に対応するストレージクラスの Provisioner フィールドと同じである必要があります。
  2. 以下のコマンドを実行して、直前の手順で保存されたオブジェクトを作成します。

    $ oc create -f volumesnapshotclass.yaml
  3. VolumeSnapshot オブジェクトを作成します。

    volumesnapshot-dynamic.yaml

    apiVersion: snapshot.storage.k8s.io/v1
    kind: VolumeSnapshot
    metadata:
      name: mysnap
    spec:
      volumeSnapshotClassName: csi-hostpath-snap 1
      source:
        persistentVolumeClaimName: myclaim 2

    1
    ボリュームスナップショットによる特定クラスの要求。volumeSnapshotClassName 設定がなく、デフォルトのボリュームスナップショットクラスがある場合、スナップショットはデフォルトのボリュームスナップショットクラス名で作成されます。ただし、フィールドがなく、デフォルトのボリュームスナップショットクラスが存在しない場合には、スナップショットは作成されません。
    2
    永続ボリュームにバインドされる PersistentVolumeClaim オブジェクトの名前。これは、スナップショットの作成に使用する内容を定義します。スナップショットの動的プロビジョニングに必要です。
  4. 以下のコマンドを実行して、直前の手順で保存されたオブジェクトを作成します。

    $ oc create -f volumesnapshot-dynamic.yaml

スナップショットを手動でプロビジョニングするには、以下を実行します。

  1. 上記のようにボリュームスナップショットクラスを定義するだけでなく、volumeSnapshotContentName パラメーターの値をスナップショットのソースとして指定します。

    volumesnapshot-manual.yaml

    apiVersion: snapshot.storage.k8s.io/v1
    kind: VolumeSnapshot
    metadata:
      name: snapshot-demo
    spec:
      source:
        volumeSnapshotContentName: mycontent 1

    1
    事前にプロビジョニングされたスナップショットには、volumeSnapshotContentName パラメーターが必要です。
  2. 以下のコマンドを実行して、直前の手順で保存されたオブジェクトを作成します。

    $ oc create -f volumesnapshot-manual.yaml

検証

スナップショットがクラスターで作成されると、スナップショットに関する追加情報が利用可能になります。

  1. 作成したボリュームスナップショットの詳細を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc describe volumesnapshot mysnap

    以下の例は、mysnap ボリュームスナップショットについての詳細を表示します。

    volumesnapshot.yaml

    apiVersion: snapshot.storage.k8s.io/v1
    kind: VolumeSnapshot
    metadata:
      name: mysnap
    spec:
      source:
        persistentVolumeClaimName: myclaim
      volumeSnapshotClassName: csi-hostpath-snap
    status:
      boundVolumeSnapshotContentName: snapcontent-1af4989e-a365-4286-96f8-d5dcd65d78d6 1
      creationTime: "2020-01-29T12:24:30Z" 2
      readyToUse: true 3
      restoreSize: 500Mi

    1
    コントローラーによって作成された実際のストレージコンテンツへのポインター。
    2
    スナップショットが作成された時間。スナップショットには、このタイミングで利用できるボリュームコンテンツが含まれます。
    3
    値が true に設定されている場合、スナップショットを使用して新規 PVC として復元できます。
    値が false に設定されている場合、スナップショットが作成されています。ただし、ストレージバックエンドは、スナップショットを新規ボリュームとして復元できるようにするために、追加のタスクを実行してスナップショットを使用できる状態にする必要があります。たとえば、Amazon Elastic Block Store データを別の低コストの場所に移動する場合があり、これには数分の時間がかかる可能性があります。
  2. ボリュームのスナップショットが作成されたことを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    $ oc get volumesnapshotcontent

    実際のコンテンツへのポインターが表示されます。boundVolumeSnapshotContentName フィールドにデータが設定される場合、VolumeSnapshotContent オブジェクトが存在し、スナップショットが作成されています。

  3. スナップショットの準備が完了していることを確認するには、VolumeSnapshot オブジェクトに readyToUse: true があることを確認します。