Menu Close

5.10.4. カスタムで暗号化された永続ボリュームの作成

PersistentVolumeClaim オブジェクトの作成時に、OpenShift Container Platform は新規永続ボリューム (PV) をプロビジョニングし、PersistentVolume オブジェクトを作成します。新規に作成された PV を暗号化することで、Google Cloud Platform (GCP) にカスタム暗号化キーを追加し、クラスター内の PV を保護することができます。

暗号化の場合、作成した新たに割り当てられる PV は、新規または既存の Google Cloud Key Management Service (KMS) キーを使用してクラスターで顧客管理の暗号鍵 (CMEK) を使用します。

前提条件

  • 実行中の OpenShift Container Platform クラスターにログインしている。
  • Cloud KMS キーリングとキーのバージョンを作成している。

CMEK および Cloud KMS リソースについての詳細は、「顧客管理の暗号鍵 (CMEK) の使用」を参照してください。

手順

カスタムで暗号化された PV を作成するには、以下の手順を実行します。

  1. Cloud KMS キーを使用してストレージクラスを作成します。以下の例では、暗号化されたボリュームの動的プロビジョニングを有効にします。

    apiVersion: storage.k8s.io/v1
    kind: StorageClass
    metadata:
      name: csi-gce-pd-cmek
    provisioner: pd.csi.storage.gke.io
    volumeBindingMode: "WaitForFirstConsumer"
    allowVolumeExpansion: true
    parameters:
      type: pd-standard
      disk-encryption-kms-key: projects/<key-project-id>/locations/<location>/keyRings/<key-ring>/cryptoKeys/<key> 1
    1
    このフィールドは、新規ディスクの暗号化に使用されるキーのリソース識別子である必要があります。値では、大文字と小文字が区別されます。キー ID の値を指定する方法についての詳細は、「Retrieving a resource’s ID」および「 Getting a Cloud KMS resource ID」を参照してください。
    注記

    disk-encryption-kms-key パラメーターは既存のストレージクラスに追加することはできません。ただし、ストレージクラスを削除し、同じ名前および異なるパラメーターセットでこれを再作成することができます。これを実行する場合、既存クラスのプロビジョナーは pd.csi.storage.gke.io である必要があります。

  2. oc コマンドを使用して、ストレージクラスを OpenShift Container Platform クラスターにデプロイします。

    $ oc describe storageclass csi-gce-pd-cmek

    出力例

    Name:                  csi-gce-pd-cmek
    IsDefaultClass:        No
    Annotations:           None
    Provisioner:           pd.csi.storage.gke.io
    Parameters:            disk-encryption-kms-key=projects/key-project-id/locations/location/keyRings/ring-name/cryptoKeys/key-name,type=pd-standard
    AllowVolumeExpansion:  true
    MountOptions:          none
    ReclaimPolicy:         Delete
    VolumeBindingMode:     WaitForFirstConsumer
    Events:                none

  3. 直前の手順で作成したストレージクラスオブジェクトの名前に一致する pvc.yaml という名前のファイルを作成します。

    kind: PersistentVolumeClaim
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: podpvc
    spec:
      accessModes:
        - ReadWriteOnce
      storageClassName: csi-gce-pd-cmek
      resources:
        requests:
          storage: 6Gi
    注記

    新規ストレージクラスをデフォルトとしてマークした場合は、storageClassName フィールドを省略できます。

  4. PVC をクラスターに適用します。

    $ oc apply -f pvc.yaml
  5. PVC のステータスを取得し、これが作成され、新規にプロビジョニングされた PV にバインドされていることを確認します。

    $ oc get pvc

    出力例

    NAME      STATUS    VOLUME                                     CAPACITY   ACCESS MODES   STORAGECLASS     AGE
    podpvc    Bound     pvc-e36abf50-84f3-11e8-8538-42010a800002   10Gi       RWO            csi-gce-pd-cmek  9s

    注記

    ストレージクラスで volumeBindingMode フィールドが WaitForFirstConsumer に設定されている場合、これを検証する前に PVC を使用するために Pod を作成する必要があります。

CMEK で保護される PV が OpenShift Container Platform クラスターで使用できるようになります。