Menu Close

5.13.3. Red Hat Virtualization (RHV) CSI ドライバストレージクラス

OpenShift Container Platform は、動的にプロビジョニングされる永続ボリュームを作成するために使用される ovirt-csi-sc という名前のタイプが StorageClass のデフォルトオブジェクトを作成します。

異なる設定の追加ストレージクラスを作成するには、以下のサンプル YAML で記述される StorageClass オブジェクトを使ってファイルを作成し、保存します。

ovirt-storageclass.yaml

apiVersion: storage.k8s.io/v1
kind: StorageClass
metadata:
  name: <storage_class_name>  1
  annotations:
    storageclass.kubernetes.io/is-default-class: "<boolean>"  2
provisioner: csi.ovirt.org
allowVolumeExpansion: <boolean> 3
reclaimPolicy: Delete 4
volumeBindingMode: Immediate 5
parameters:
  storageDomainName: <rhv-storage-domain-name> 6
  thinProvisioning: "<boolean>"  7
  csi.storage.k8s.io/fstype: <file_system_type> 8

1
ストレージクラス名
2
ストレージクラスがクラスターのデフォルトストレージクラスの場合に false に設定されます。true に設定される場合、既存のデフォルトストレージクラスを編集し、false に設定する必要があります。
3
true は動的ボリューム拡張を有効にし、false はこれを防ぎます。true が推奨されます。
4
このストレージクラスの動的にプロビジョニングされる永続ボリュームは、この回収ポリシーで作成されます。このデフォルトポリシーは Delete です。
5
PersistentVolumeClaims をプロビジョニングし、バインドする方法を示します。設定されていない場合は、VolumeBindingImmediate が使用されます。このフィールドは、VolumeScheduling 機能を有効にするサーバーによってのみ適用されます。
6
使用する RHV ストレージドメイン名。
7
true の場合、ディスクはシンプロビジョニングされます。false の場合、ディスクは事前割り当てされます。シンプロビジョニングが推奨されています。
8
オプション: 作成するファイルシステムタイプ。使用できる値は ext4(デフォルト)または xfs です。