Menu Close

7.3.3. RHOSP Cinder オブジェクトの定義

cinder-storageclass.yaml

kind: StorageClass
apiVersion: storage.k8s.io/v1
metadata:
  name: <storage-class-name> 1
provisioner: kubernetes.io/cinder
parameters:
  type: fast  2
  availability: nova 3
  fsType: ext4 4

1
ストレージクラス名永続ボリューム要求 (PVC) は、関連する永続ボリュームをプロビジョニングするためにこのストレージクラスを使用します。
2
Cinder で作成されるボリュームタイプ。デフォルトは空です。
3
アベイラビリティーゾーン。指定しない場合、ボリュームは通常 OpenShift Container Platform クラスターのノードがあるすべてのアクティブゾーンでラウンドロビンされます。
4
動的にプロビジョニングされたボリュームで作成されるファイルシステム。この値は、動的にプロビジョニングされる永続ボリュームの fsType フィールドにコピーされ、ボリュームの初回マウント時にファイルシステムが作成されます。デフォルト値は ext4 です。