Menu Close

4.10.2. ローカルストレージ Operator を使用したローカルボリュームのプロビジョニング

ローカルボリュームは動的プロビジョニングで作成できません。代わりに、永続ボリュームがローカルストレージ Operator によって作成されることがあります。このローカルボリュームプロビジョナーは、定義されたリソースで指定されているパスでファイルシステムまたはブロックボリュームデバイスを検索します。

前提条件

  • ローカルストレージ Operator がインストールされていること。
  • 以下の条件を満たすローカルディスクがある。

    • ノードに接続されている。
    • マウントされていない。
    • パーティションが含まれていない。

手順

  1. ローカルボリュームリソースを作成します。このリソースは、ノードおよびローカルボリュームへのパスを定義する必要があります。

    注記

    同じデバイスに別のストレージクラス名を使用しないでください。これを行うと、複数の永続ボリューム(PV)が作成されます。

    例: ファイルシステム

    apiVersion: "local.storage.openshift.io/v1"
    kind: "LocalVolume"
    metadata:
      name: "local-disks"
      namespace: "openshift-local-storage" 1
    spec:
      nodeSelector: 2
        nodeSelectorTerms:
        - matchExpressions:
            - key: kubernetes.io/hostname
              operator: In
              values:
              - ip-10-0-140-183
              - ip-10-0-158-139
              - ip-10-0-164-33
      storageClassDevices:
        - storageClassName: "local-sc" 3
          volumeMode: Filesystem 4
          fsType: xfs 5
          devicePaths: 6
            - /path/to/device 7

    1
    ローカルストレージ Operator がインストールされている namespace。
    2
    オプション: ローカルストレージボリュームが割り当てられているノードの一覧が含まれるノードセレクター。以下の例では、oc get node から取得したノードホスト名を使用します。値が定義されない場合、ローカルストレージ Operator は利用可能なすべてのノードで一致するディスクの検索を試行します。
    3
    永続ボリュームオブジェクトの作成時に使用するストレージクラスの名前。ローカルストレージ Operator は、ストレージクラスが存在しない場合にこれを自動的に作成します。このローカルボリュームのセットを一意に識別するストレージクラスを使用するようにしてください。
    4
    ボリュームモードのタイプを定義するボリュームモード (Filesystem または Block)。
    5
    ローカルボリュームの初回マウント時に作成されるファイルシステム。
    6
    選択するローカルストレージデバイスの一覧を含むパスです。
    7
    この値を、/dev/disk/ by-id /wwn などの LocalVolume リソースへの実際のローカルディスクのファイルパスに置き換えます。プロビジョナーが正常にデプロイされると、これらのローカルディスク用に PV が作成されます。
    注記

    ローカルストレージ Operator は、/dev/disk/ by-path /wwn または /dev/disk/ by-partuuid などの LocalVolume リソース( /dev/disk/by-path/wwn または /dev/disk/by-partuuid など)をサポートしません。

    注記

    raw ブロックボリューム (volumeMode: block) はファイルシステムでフォーマットされません。このモードは、Pod で実行しているすべてのアプリケーションが raw ブロックデバイスを使用できる場合にのみ使用してください。

    例: ブロック

    apiVersion: "local.storage.openshift.io/v1"
    kind: "LocalVolume"
    metadata:
      name: "local-disks"
      namespace: "openshift-local-storage" 1
    spec:
      nodeSelector: 2
        nodeSelectorTerms:
        - matchExpressions:
            - key: kubernetes.io/hostname
              operator: In
              values:
              - ip-10-0-136-143
              - ip-10-0-140-255
              - ip-10-0-144-180
      storageClassDevices:
        - storageClassName: "localblock-sc" 3
          volumeMode: Block  4
          devicePaths: 5
            - /path/to/device 6

    1
    ローカルストレージ Operator がインストールされている namespace。
    2
    オプション: ローカルストレージボリュームが割り当てられているノードの一覧が含まれるノードセレクター。以下の例では、oc get node から取得したノードホスト名を使用します。値が定義されない場合、ローカルストレージ Operator は利用可能なすべてのノードで一致するディスクの検索を試行します。
    3
    永続ボリュームオブジェクトの作成時に使用するストレージクラスの名前。
    4
    ボリュームモードのタイプを定義するボリュームモード (Filesystem または Block)。
    5
    選択するローカルストレージデバイスの一覧を含むパスです。
    6
    この値は、dev /disk/ by-id /wwn などの LocalVolume リソースへの実際の ローカルディスクのファイルパスに置き換えます。プロビジョナーが正常にデプロイされると、これらのローカルディスク用に PV が作成されます。
    注記

    ローカルストレージ Operator は、/dev/disk/ by-path /wwn または /dev/disk/ by-partuuid などの LocalVolume リソース( /dev/disk/by-path/wwn または /dev/disk/by-partuuid など)をサポートしません。

  2. OpenShift Container Platform クラスターにローカルボリュームリソースを作成します。作成したばかりのファイルを指定します。

    $ oc create -f <local-volume>.yaml
  3. プロビジョナーが作成され、対応するデーモンセットが作成されていることを確認します。

    $ oc get all -n openshift-local-storage

    出力例

    NAME                                          READY   STATUS    RESTARTS   AGE
    pod/diskmaker-manager-9wzms                   1/1     Running   0          5m43s
    pod/diskmaker-manager-jgvjp                   1/1     Running   0          5m43s
    pod/diskmaker-manager-tbdsj                   1/1     Running   0          5m43s
    pod/local-storage-operator-7db4bd9f79-t6k87   1/1     Running   0          14m
    
    NAME                                     TYPE        CLUSTER-IP      EXTERNAL-IP   PORT(S)             AGE
    service/local-storage-operator-metrics   ClusterIP   172.30.135.36   <none>        8383/TCP,8686/TCP   14m
    
    NAME                               DESIRED   CURRENT   READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   NODE SELECTOR   AGE
    daemonset.apps/diskmaker-manager   3         3         3       3            3           <none>          5m43s
    
    NAME                                     READY   UP-TO-DATE   AVAILABLE   AGE
    deployment.apps/local-storage-operator   1/1     1            1           14m
    
    NAME                                                DESIRED   CURRENT   READY   AGE
    replicaset.apps/local-storage-operator-7db4bd9f79   1         1         1       14m

    デーモンセットプロセスの必要な数と現在の数に注意してください。必要な数が 0 の場合、これはラベルセレクターが無効であることを示します。

  4. 永続ボリュームが作成されていることを確認します。

    $ oc get pv

    出力例

    NAME                CAPACITY   ACCESS MODES   RECLAIM POLICY   STATUS      CLAIM   STORAGECLASS   REASON   AGE
    local-pv-1cec77cf   100Gi      RWO            Delete           Available           local-sc                88m
    local-pv-2ef7cd2a   100Gi      RWO            Delete           Available           local-sc                82m
    local-pv-3fa1c73    100Gi      RWO            Delete           Available           local-sc                48m

重要

LocalVolume オブジェクトを編集しても、既存の永続ボリュームの fsType または volumeMode は変更されません。これが破壊的な操作になる可能性があるためです。