Menu Close

4.10.6. 詳細は、ローカルストレージデバイスの自動検出およびプロビジョニングについて参照してください。

ローカルストレージ Operator はローカルストレージ検出およびプロビジョニングを自動化します。この機能を使用すると、ベアメタル、VMware、または割り当てられたデバイスを持つ AWS ストアインスタンスなど、デプロイメント時に動的プロビジョニングが利用できない場合にインストールを単純化できます。

重要

自動検出およびプロビジョニングはテクノロジープレビュー機能としてのみご利用いただけます。テクノロジープレビュー機能は Red Hat の実稼働環境でのサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされていないため、Red Hat では実稼働環境での使用を推奨していません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。これらの機能は、近々発表予定の製品機能をリリースに先駆けてご提供することにより、お客様は機能性をテストし、開発プロセス中にフィードバックをお寄せいただくことができます。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲についての詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview/ を参照してください。

ローカルデバイスを自動的に検出し、選択したデバイスのローカルボリュームを自動的にプロビジョニングするには、以下の手順を使用します。

警告

LocalVolumeSet オブジェクトの使用には注意が必要です。ローカルディスクから永続ボリューム(PV)を自動的にプロビジョニングする場合、ローカル PV は一致するすべてのデバイスを要求する可能性があります。LocalVolumeSet オブジェクトを使用している場合、Local Storage Operator がノードでローカルデバイスを管理する唯一のエンティティーであることを確認します。

前提条件

  • クラスター管理者のパーミッション。
  • ローカルストレージ Operator がインストールされていること。
  • ローカルディスクが OpenShift Container Platform ノードに割り当てられていること。
  • OpenShift Container Platform Web コンソールまたは oc コマンドラインインターフェース (CLI) へのアクセスがあること。

手順

  1. Web コンソールからローカルデバイスの自動検出を有効にするには、以下を行います。

    1. Administrator パースペクティブで、OperatorsInstalled Operators に移動し、Local Volume Discovery タブをクリックします。
    2. Create Local Volume Discovery をクリックします。
    3. 利用可能なディスクをすべてのノードまたは特定のノードのどちらで検出する必要があるかに応じて、All nodes または Select nodes のいずれかを選択します。

      注記

      All nodes または Select nodes を使用してフィルターするかどうかにかかわらず、ワーカーノードのみが利用可能になります。

    4. Create をクリックします。

auto-discover-devices という名前のローカルボリューム検出インスタンスが表示されます。

  1. ノードで利用可能なデバイスの連続リストを表示するには、以下を実行します。

    1. OpenShift Container Platform Web コンソールにログインします。
    2. ComputeNodes に移動します。
    3. 開くノードの名前をクリックします。「Node Details」ページが表示されます。
    4. Disks タブを選択して、選択したデバイスの一覧を表示します。

      ローカルディスクを追加または削除しても、デバイス一覧の更新が継続的に行われます。名前、ステータス、タイプ、モデル、容量、およびモードでデバイスをフィルターできます。

  2. Web コンソールから検出されたデバイスのローカルボリュームを自動的にプロビジョニングするには、以下を実行します。

    1. OperatorsInstalled Operators に移動し、Operator の一覧から Local Storage を選択します。
    2. Local Volume SetCreate Local Volume Set を選択します。
    3. ボリュームセット名とストレージクラス名を入力します。
    4. All nodes または Select nodes を選択し、適宜フィルターを適用します。

      注記

      All nodes または Select nodes を使用してフィルターするかどうかにかかわらず、ワーカーノードのみが利用可能になります。

    5. ローカルボリュームセットに適用するディスクタイプ、モード、サイズ、および制限を選択し、Create をクリックします。

      メッセージが数分後に表示され、「Operator reconciled successfully」という Operator の調整が正常に行われたことが示唆されます。

  1. または、CLI から検出されたデバイスのローカルボリュームをプロビジョニングするには、以下を実行します。

    1. 以下の例に示されるように、オブジェクト YAML ファイルを作成し、local-volume-set.yaml などのローカルボリュームセットを定義します。

      apiVersion: local.storage.openshift.io/v1alpha1
      kind: LocalVolumeSet
      metadata:
        name: example-autodetect
      spec:
        nodeSelector:
          nodeSelectorTerms:
            - matchExpressions:
                - key: kubernetes.io/hostname
                  operator: In
                  values:
                    - worker-0
                    - worker-1
        storageClassName: example-storageclass 1
        volumeMode: Filesystem
        fstype: ext4
        maxDeviceCount: 10
        deviceInclusionSpec:
          deviceTypes: 2
            - disk
            - part
          deviceMechanicalProperties:
            - NonRotational
          minSize: 10G
          maxSize: 100G
          models:
            - SAMSUNG
            - Crucial_CT525MX3
          vendors:
            - ATA
            - ST2000LM
      1
      検出されたデバイスからプロビジョニングされる永続ボリューム用に作成されるストレージクラスを判別します。ローカルストレージ Operator は、ストレージクラスが存在しない場合にこれを自動的に作成します。このローカルボリュームのセットを一意に識別するストレージクラスを使用するようにしてください。
      2
      ローカルボリュームセット機能を使用する場合、ローカルストレージ Operator は論理ボリューム管理 (LVM) デバイスの使用をサポートしません。
    2. ローカルボリュームセットオブジェクトを作成します。

      $ oc apply -f local-volume-set.yaml
    3. ローカル永続ボリュームがストレージクラスに基づいて動的にプロビジョニングされていることを確認します。

      $ oc get pv

      出力例

      NAME                CAPACITY   ACCESS MODES   RECLAIM POLICY   STATUS      CLAIM   STORAGECLASS           REASON   AGE
      local-pv-1cec77cf   100Gi      RWO            Delete           Available           example-storageclass            88m
      local-pv-2ef7cd2a   100Gi      RWO            Delete           Available           example-storageclass            82m
      local-pv-3fa1c73    100Gi      RWO            Delete           Available           example-storageclass            48m

注記

結果は、ノードから削除された後に削除されます。シンボリックリンクは手動で削除する必要があります。