Menu Close

4.10.5. ローカル要求を割り当てます。

ローカルボリュームが永続ボリューム要求 (PVC) にマップされた後に、これをリソース内に指定できます。

前提条件

  • 永続ボリューム要求 (PVC)が同じ namespace に存在する。

手順

  1. 定義された要求をリソースの仕様に追加します。以下の例では、Pod 内で永続ボリューム要求 (PVC)を宣言します。

    apiVersion: v1
    kind: Pod
    spec:
      ...
      containers:
        volumeMounts:
        - name: local-disks 1
          mountPath: /data 2
      volumes:
      - name: localpvc
        persistentVolumeClaim:
          claimName: local-pvc-name 3
    1
    マウントするボリュームの名前。
    2
    ボリュームがマウントされる Pod 内のパス。コンテナのルート(/)や、ホストとコンテナで同じパスにはマウントしないでください。これは、コンテナに十分な特権が付与されている場合、ホストシステムを破壊する可能性があります (例:ホストの/dev/ptsファイル)。ホストをマウントするには、/host を使用するのが安全です。
    3
    使用する既存の永続ボリューム要求 (PVC)の名前。
  2. 作成したファイルを指定して、OpenShift Container Platform クラスターにリソースを作成します。

    $ oc create -f <local-pod>.yaml