Menu Close

5.2.2. Pod 仕様への CSI インライン一時ボリュームの埋め込み

CSI インラインの一時ボリュームを OpenShift Container Platform の Pod 仕様に埋め込むことができます。ランタイム時に、ネストされたインラインボリュームは、関連付けられた Pod の一時的なライフサイクルに従うため、CSI ドライバーは Pod の作成および破棄時にボリューム操作のすべてのフェーズをすべて処理できます。

手順

  1. Pod オブジェクト定義を作成し、これをファイルに保存します。
  2. CSI インラインの一時ボリュームをファイルに埋め込みます。

    my-csi-app.yaml

    kind: Pod
    apiVersion: v1
    metadata:
      name: my-csi-app
    spec:
      containers:
        - name: my-frontend
          image: busybox
          volumeMounts:
          - mountPath: "/data"
            name: my-csi-inline-vol
          command: [ "sleep", "1000000" ]
      volumes: 1
        - name: my-csi-inline-vol
          csi:
            driver: inline.storage.kubernetes.io
            volumeAttributes:
              foo: bar

    1
    Pod で使用されるボリュームの名前。
  3. 直前のステップで保存したオブジェクト定義ファイルを作成します。

    $ oc create -f my-csi-app.yaml