Menu Close

5.7.7. AWS EFSによる静的PVの作成

動的プロビジョニングを行わずに、単一のPVとしてAWS EFSボリュームを使用することが可能です。ボリューム全体がポッドにマウントされます。

手順

  • 以下のYAMLファイルでPVを作成します。

    apiVersion: v1
    kind: PersistentVolume
    metadata:
      name: efs-pv
    spec:
      capacity: 1
        storage: 5Gi
      volumeMode: Filesystem
      accessModes:
        - ReadWriteMany
        - ReadWriteOnce
      persistentVolumeReclaimPolicy: Retain
      csi:
        driver: efs.csi.aws.com
        volumeHandle: fs-ae66151a 2
        volumeAttributes:
            encryptInTransit: false 3
    1
    spec.capacityには意味がなく、CSIドライバでは無視されます。PVCへのバインディング時にのみ使用されます。アプリケーションは、ボリュームに任意の量のデータを保存することができます。
    2
    volumeHandleは、AWSで作成したEFSボリュームと同じIDである必要があります。独自のアクセスポイントを提供する場合、volumeHandle<EFS volume ID>::<access point ID>とします。例:fs-6e633ada::fsap-081a1d293f0004630
    3
    必要に応じて、転送中の暗号化を無効にすることができます。デフォルトでは、暗号化が有効になっています。

静的PVの設定に問題がある場合は、AWS EFS troubleshootingを参照してください。