Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

第21章 非接続環境でのスケールでの分散ユニットのデプロイ

ゼロタッチプロビジョニング (ZTP) を使用して、非接続環境で新しいエッジサイトに分散ユニットをプロビジョニングします。ワークフローは、サイトがネットワークに接続されているときに起動し、サイトノードでデプロイされた CNF ワークロードで終了します。

重要

RAN デプロイメント用の ZTP は、テクノロジープレビュー機能としてのみ利用できます。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat 製品のサービスレベルアグリーメント (SLA) の対象外であり、機能的に完全ではないことがあります。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。テクノロジープレビューの機能は、最新の製品機能をいち早く提供して、開発段階で機能のテストを行いフィードバックを提供していただくことを目的としています。

Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、テクノロジープレビュー機能のサポート範囲 を参照してください。

21.1. 大規模でのエッジサイトのプロビジョニング

Telco エッジコンピューティングは、数百万ものクラスターを管理する際に、数百万ものクラスターを管理する追加の課題を数百万のロケーションで表示します。これらの課題には、できるだけゼロ (0) 人の相互作用と同様に、完全に自動化された管理ソリューションが必要になります。

ゼロタッチプロビジョニング (ZTP) により、リモートサイトでのベアメタル機器の宣言的な設定で新しいエッジサイトをプロビジョニングすることができます。テンプレートまたはオーバーレイ設定は、CNF ワークロードに必要な OpenShift Container Platform 機能をインストールします。エンドツーエンドの機能テストスイートは、CNF 関連の機能を検証するために使用されます。すべての設定は本質的に宣言的です。

エッジノードに配信される ISO イメージの宣言型設定を作成して、インストールプロセスを開始することで、ワークフローを開始します。イメージは、大量のノードを効率的にプロビジョニングするために使用されます。これにより、エッジノードについてフィールドから要件を確保できます。

サービスプロバイダーは、5G 向けに定義されたモジュラー機能フレームワークにより許可される、より分散モバイルネットワークアーキテクチャーをデプロイします。これにより、サービスプロバイダーはアプライアンスベースのラジオアクセスネットワーク (RAN) から移動し、クラウド RAN アーキテクチャーを開き、エンドユーザーにサービスを配信する柔軟性と特性を得ることができます。

以下の図は、エッジサイトフレームワーク内で ZTP が機能する仕組みを示しています。

あらゆるエッジフレームワークの ZTP