5.2. OpenShift サンドボックスコンテナーアーティファクトをアップグレードします。

OpenShift サンドボックスコンテナーアーティファクトは、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) 拡張機能を使用してクラスターにデプロイされます。

RHCOS 拡張 サンドボックスコンテナー には、Kata コンテナーランタイム、ハイパーバイザーの QEMU およびその他の依存関係などの Kata コンテナーの実行に必要なコンポーネントが含まれます。この拡張機能は、クラスターを OpenShift Container Platform の新規リリースにアップグレードする時に、アップグレードされます。