6.2. OpenShift サンドボックスコンテナーデータの収集について

oc adm must-gather CLI コマンドを使用して、クラスターに関する情報を収集できます。次の機能とオブジェクトは、OpenShift サンドボックスコンテナーに関連付けられています。

  • OpenShift サンドボックスコンテナーリソースに属するすべての名前空間とその子オブジェクト
  • すべての OpenShift サンドボックスコンテナーのカスタムリソース定義 (CRD)

oc adm must-gather CLI コマンドは、次のコンポーネントログを収集します。

  • QEMU ログ
  • 監査ログ
  • OpenShift サンドボックスコンテナーのログ
  • CRI-O ログ

これらのコンポーネントログは、kata ランタイムで実行されている Pod が最低でも 1 つあれば、収集されます。

must-gather を使用して OpenShift サンドボックスコンテナーデータを収集するには、OpenShift サンドボックスコンテナーイメージを指定する必要があります。

--image=registry.redhat.io/openshift-sandboxed-containers-tech-preview/osc-must-gather-rhel8:1.1.0