2.2. OpenShift サンドボックスコンテナーのビルディングブロック

OpenShift サンドボックス化されたコンテナー Operator は、Kata Container からのコンポーネントをすべてカプセル化します。インストール、ライフサイクル、設定タスクを管理します。

OpenShift サンドボックスコンテナー Operator は、2 つのコンテナーイメージとして Operator バンドル形式 でパッケージ化されています。バンドルイメージにはメタデータが含まれ、Operator で OLM が利用できるようにする必要があります。2 つ目のコンテナーイメージには、KataConfig リソースを監視および管理するための実際のコントローラーが含まれています。