Menu Close

8.3. kubeadmin ユーザー

OpenShift Container Platform は、インストールプロセスの完了後にクラスター管理者 kubeadmin を作成します。

このユーザーには、cluster-admin ロールが自動的に適用され、このユーザーはクラスターの root ユーザーとしてみなされます。パスワードは動的に生成され、OpenShift Container Platform 環境に対して一意です。インストールの完了後に、パスワードはインストールプログラムの出力で提供されます。以下は例になります。

INFO Install complete!
INFO Run 'export KUBECONFIG=<your working directory>/auth/kubeconfig' to manage the cluster with 'oc', the OpenShift CLI.
INFO The cluster is ready when 'oc login -u kubeadmin -p <provided>' succeeds (wait a few minutes).
INFO Access the OpenShift web-console here: https://console-openshift-console.apps.demo1.openshift4-beta-abcorp.com
INFO Login to the console with user: kubeadmin, password: <provided>

8.3.1. kubeadmin ユーザーの削除

アイデンティティープロバイダーを定義し、新規 cluster-admin ユーザーを作成した後に、クラスターのセキュリティーを強化するために kubeadmin を削除できます。

警告

別のユーザーが cluster-admin になる前にこの手順を実行する場合、OpenShift Container Platform は再インストールされる必要があります。このコマンドをやり直すことはできません。

前提条件

  • 1 つ以上のアイデンティティープロバイダーを設定しておく必要があります。
  • cluster-admin ロールをユーザーに追加しておく必要があります。
  • 管理者としてログインしている必要があります。

手順

  • kubeadmin シークレットを削除します。

    $ oc delete secrets kubeadmin -n kube-system